カレンダー

2019年2月
« 1月  
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728 

カテゴリー

アーカイブ

観察日記

紅葉した頃に花が咲く木、マルバノキ

投稿日:2018年10月28日

マルバノキマルバノキの紅葉の葉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

マルバノキ(マンサク科)

中部地方や四国の山地に見られる落葉低木です。葉が暗赤色に紅葉した頃に花が咲きます。その葉(写真右)が卵形~円形なので、名前がマルバノキとつけられたようです。枝から出た2つの暗紅色の小さな5弁花の花は背中合わせに付き、星のような形です。別名はベニマンサクです。 (「ウランウデの庭」に見られます)

 

 

ヤマモミジの紅葉ヤマモミジの紅葉の葉1

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ヤマモミジの紅葉(ムクロジ科)

園内にはたくさんのヤマモミジの木がありますが、「中央広場」の東側にあるヤマモミジは日光の当たる上部の方から紅葉が進んでいます。たくさんの赤い葉が、青空を背景に大変美しいです。

 

 

エノキの黄葉2エノキの黄葉の葉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

エノキの黄葉(ニレ科)

山野の湿った場所に多く生育する落葉高木で、葉は基部から長く伸びる葉脈が目立ち、先半分に鋸歯があります。葉はきれいに黄葉します。エノキは江戸時代に街道の一里塚として植えられました。またエノキは、日本の国蝶オオムラサキの食樹としても知られています。オオムラサキはエノキの葉に卵を産み、幼虫がエノキの葉を食べて成長します。夏に成虫が見られました。 (「カエデの森」や「クリンソウの谷」などに見られます)

 

 

イイギリの果実

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

イイギリの果実(ヤナギ科)

 山地に生え、太い枝を放射状に広げる雌雄異株の落葉高木です。5月に枝先に円錐花序をつけて垂れ下がりました。花は花弁がなく、萼片は5枚で緑黄色です。今はたくさんの果実をブドウのように垂れ下げています。果実は球形で熟すると赤くなり、落葉後も長く樹状に残っています。 (「スワンヒルの庭」に見られます)

「中央広場」の樹木も紅葉が進んでいます

投稿日:2018年10月25日

ブナの黄葉 (2)ブナの黄葉の葉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ブナの黄葉(ブナ科)

「中央広場」にそびえるブナの木が黄葉しています。卵形で縁が波状の鋸歯がある葉が黄色くなり、一部は枯れ始めています。かたい殻に包まれていた果実は割れて落ち、4つに開いた殻斗がたくさん残って付いています。

 

 

ヤマボウシの紅葉ヤマボウシの紅葉の葉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ヤマボウシの紅葉(ミズキ科)

6月に咲く白い苞の花はだんだんとピンク色を帯び、花後には果実を付けましたが。その果実も落ち、今は葉が暗赤色に紅葉しています。葉の葉脈が湾曲して葉先に向かうミズキ科の葉の特徴が見られます。 (「中央広場」などに見られます)

 

 

ドウダンツツジの紅葉ドウダンツツジの紅葉の葉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「中央広場」のドウダンツツジの紅葉(ツツジ科)

「中央広場」にある植え込みにはドウダンツツジが植栽されています。5月に白色の壺形の小花をたくさんつり下げました。葉の形は広披針形で、5枚前後の葉を輪生状に付けます。それが今赤く紅葉しています。きれいに紅葉するので庭木としても広く植えられています。

 

 

シロヤマブキの果実

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

シロヤマブキの果実(バラ科)

落葉低木で、5月に白い花を咲かせました。今は黒い果実が付いています。形は楕円形で4個ずつ集まって付き、果皮は黒色で光沢もあります。 (「野草の丘」の西斜面などに見られます)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

大平沼周辺の紅葉が深まっています

投稿日:2018年10月23日

大平沼周辺の紅葉ガルガモ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

大平沼周辺の樹木の紅葉とカルガモ

野草園の北側には大平沼があります。その周りの樹木の紅葉も始まりました。そして数羽のカルガモ(写真右)が楽しそうに泳いでいます。冬まで、カルガモはこの沼で生活しています。遠くに見える瀧山も紅葉が深まっています。

 

 

大平沼の湖畔大平沼の湖畔2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

大平沼の水面に映る紅葉

大平沼湖畔にある樹木、オオヤマザクラ、カスミザクラ、ケヤキ、トチノキ、コナラ、ミズナラ、ユリノキなども紅葉しました。湖畔では天気が良く風もないと、紅葉した樹木の姿が水面に映り幻想的です。

 

 

ハウチワカエデの紅葉ハウチワカエデの紅葉の葉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ハウチワカエデの紅葉(ムクロジ科)

 寒い地方に生える代表的なカエデです。葉は対生で、掌状に7~11に浅裂または中裂し、基部はハート形です。真っ赤に紅葉するものが多いですが、明るい橙~黄色に紅葉するものもあります。大きくて丸い葉を羽うちわに例えたことが名前の由来です。 (「クリンソウの谷」などに見られます)

 

 

ウラジロノキの果実

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ウラジロノキの果実(バラ科)

山地に生える落葉高木で、6月頃に白い花を開きました。葉は山型の重鋸歯で、名前の通り葉の裏に毛が密生しやや白いです。今は赤い卵状楕円形の果実をたくさん付けています。(「ナナカマドの森」に見られます)