観察日記

吉野桜として有名です

投稿日:2012年5月4日

 ソメイヨシノが広まる前は、サクラといえばヤマザクラでした。

サクラは、古代から春を告げる花として、暮らしに深くかかわって

きました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ヤマザクラ(バラ科)

 主に日本の南半分に自生するサクラです。最も古くから親しまれている

サクラです。花と同時に出る若葉とのコントラストが美しく、ソメイヨシノとは

違った美しさがあります。ヤマザクラの仲間は、オオシマザクラ、カスミザクラ、

オオヤマザクラです。いずれも花と同時に若葉を開きます。

 

 ヤマザクラの園芸種です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

センダイシダレ(バラ科)

 ヤマザクラの園芸種で、吉林の庭で咲いています。

 

 

 エドヒガンの園芸種もあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ヤエベニシダレ(バラ科)

 エドヒガンの園芸種で、吉林の庭で咲いています。

 

 

 スミレもつぎつぎに咲いています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

エゾアオイスミレ(スミレ科)

 山地に生える多年草です。葉が丸くて毛が多いのが特徴です。

深樹の小径で咲いています。

 

 

 杉林の中で咲いています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スミレサイシン(スミレ科)

 北海道や本州の日本海側に分布するスミレです。地下に太い根茎が

あります。名はウスバサイシンに似ているからです。

 

 

 果実にならなくても翁のようです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

オキナグサ(キンポウゲ科)

 花は花茎のさきに1個つき、つり鐘形です。葉は毛でおおわれていて、

花弁状の萼片の外側にも白い毛が密生して白っぽくみえます。萼片は6個あり、

内側は暗紫赤色です。花が終わった後雌しべが羽毛状にのび、老人の白髪の

ようになります。それで、オキナグサ(翁草)です。根を乾燥した生薬の白頭翁は

止血剤に使います。

 

 

毒草ですので、山菜と間違えないように

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ハシリドコロ(ナス科)

 葉と地下茎に猛毒を含み、これを食べると神経に作用して幻覚症状をおこして

走りまわると言われていて、地下茎がオニドコロと似ていることにより名がつけられました。

花は、つり鐘形で先は浅く5裂し内側が淡緑黄色で外側が暗紫色です。若葉はやわらかく

おいしそうですが、山菜と間違えると大変なことになります。

 

 

杉林の下が大好きです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

オサバグサ(ケシ科)

 葉は根もとで四方に広がり、規則的に羽状に切れ込みシダの葉に似ています。

葉の中心から高さ30センチ内外の花茎を出して、白色の4弁花を下向きにつけます。

杉林が好きで、毎年きれいな花を咲かせてくれます。名は葉の形がくしの歯のようで、

機織りのおさに似ていることからきました。1属1種の日本特産の植物です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

元気いっぱい長寿のサクラ

投稿日:2012年5月3日

 ソメイヨシノの片親とされているエドヒガン

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

エドヒガン(バラ科)

 春の彼岸のころに咲き関東地方に多いので、この名があります。

樹皮が縦に裂けるのと、萼筒の基部がふくれて壺形になるのが、

特徴です。サクラの中では最も寿命が長く、大木となり、天然記念物

に指定されているのが多いサクラです。

 

 カンアオイの仲間です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

トウゴクサイシン(ウマノスズクサ科)

 関東以北で従来ウスバサイシンとされていたものが、トウゴクサイシンとして

わけられました。山地の湿った林下に生える多年草です。本園では、雑木林の

下に生えています。

 

 果実の形を楽器のチャルメラにたとえました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コチャルメルソウ(ユキノシタ科)

 渓流の湿ったところに生える多年草です。

雪の重みから解放されたユキツバキ

投稿日:2012年5月2日

 ユキツバキは、冬の間雪の下で、雪の重みに耐えています。

しかし、それは寒さから身を守ることになるのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ユキツバキ(ツバキ科)

 ユキツバキは日本海側の多雪地帯に分布する常緑の低木です。

ユキツバキは雪に覆われることにより、冬の厳しい寒さから身を守って

います。

 

 

 ロックガーデンを少し登ったところで、紫色の花が咲いています。

 

 

  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  

 

 

ヒメツルニチニチソウ(キョウチクトウ科)

 花のよく似ているニチニチソウは、寒さに弱いそうですが、本種はヨーロッパ原産のため、

耐寒性にすぐれています。茎はつるとなり細長く横に走り、花のつく茎は短く直立します。

淡紫色の花は5裂して平らに開きます。花の下部は筒状となり、花びらの1枚1枚は扇風機の

羽根のような回旋状の形をしていることがわかります。

 

 水戸黄門の最後の決め台詞です。「この紋所が目に入らぬか」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

フタバアオイ(ウマノスズクサ科)

 茎は地をはってのび、先に2枚の葉をつけます。葉は少し狭いハート形で、

茎の2本の根もとに紫褐色の花をつけます。どうみても花とは思えないのですが、

萼片がそりかえっておむすびのような形をした中に、雄しべと雌しべがついています。

徳川家の家紋はこの葉をデザインしたと言われています。

 

 

 トリカブトとよく似ている山菜です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ニリンソウ(キンポウゲ科)

 道をはさんでウゼントリカブトの向かい側に咲いています。2個の花をつけることによる名ですが、

1個のことも、3個のこともあるようです。白色の花は花弁状の萼片で、5~7枚あるようです。

葉は3つに深く裂けていて、淡白色の斑点があります。カモシカはニリンソウは食べますが、

毒草のウゼントリカブトには見向きもしません。

 

 

 日本特産のシラネアオイ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

シラネアオイ(シラネアオイ科)

 日本特産の1属1種の植物で、多雪地の山地に生える多年草です。

主に東北地方と日本海側の亜高山に自生します。淡紫色の花は花弁状の

萼片で、4枚ついています。中央には黄色い多数の雄しべと2つの雌しべが

あります。葉は手のひら状に分かれています。名は日光の白根山に多くあり、

花がタチアオイに似ているからです。

 

 静御前からいただいた名です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ヒトリシズカ(センリョウ科)

 ヒトリシズカが4人仲良くならんでいます。白色の花は、清楚な感じがします。

この花には花弁も萼なく、雌しべ1個と雄しべ3個があるだけです。上部に楕円形の

葉を4枚輪生状に対生します。シズカ(静)とは、義経の寵愛した静御前のことで、

その1人舞う姿にみたてられたものと言われています。

 

 野草園では最初に咲くシャクナゲです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アズマシャクナゲ(ツツジ科)

 東北地方や関東地方など東国に分布するので、この名がつけられました。

枝のさきに花芽が1個つき、そこから数個の花が咲きます。花は淡紅色の漏斗形で

広く開き、先は5裂します。その下に葉芽が数個つきます。常緑の葉は革質で、

裏面に灰褐色の真綿状の軟毛があるのが特徴です。近くでシロバナアズマシャクナゲも

一緒に咲いています。

 

 花が咲かないほうが有名な植物です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ヤブレガサ(キク科)

 山地の木陰に生える多年草です。花が咲くのはまだ先ですが、若葉の

方が有名です。名は、若葉が傘を開いているように見えるからです。

しかし、まだ傘は半開きです。

 

 白い花が輝いて見えるサンカヨウ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

サンカヨウ(メギ科)

 湿気の多い斜面などに生える多年草です。葉は広卵形で大きく

深く2裂します。茎頂に6弁の白花を数個つけます。花後、紫黒色

の果実をつけます。やや酸味があるが食べられるそうです。

 

 ほかにもいろいろな花が咲いています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

キバナイカリソウ(メギ科)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

オオタチツボスミレ(スミレ科)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

タケシマラン(ユリ科)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ベニシダレ(バラ科)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

シュンラン(ラン科)