カレンダー

2018年10月
« 9月  
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031 

カテゴリー

アーカイブ

観察日記

緑色のアオヤギソウ

投稿日:2012年7月16日

 山中に生え、緑色の花をつけます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アオヤギソウ(ユリ科)

 中部以北の山中に生える多年生草本です。茎の先に緑色の花をつけます。

花被片6個は平開します。青柳草の意味で、青は花の色を、柳は葉の形を

いったものです。

 

 

 花が終わった後の種子もきれいです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

オオバジャノヒゲ(ユリ科)

 山地に生える多年草です。花茎の先に淡紫色または白色の小さな花を

多数つけます。種子は濃い青色に熟し果実のように見えます。ジャノヒゲ

に比べて、葉は幅広く花序の軸が太いので、区別できます。名は、葉を竜(蛇)

にたとえたものと言われています。 

 

 ダイコンの葉に似ています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

オオダイコンソウ(バラ科)

 本州中部以北に生える多年草です。全体に粗毛を密生します。

茎頂に黄色で5弁の花を開きます。ダイコンソウとは全体に粗毛

が密生すること、根生葉の側小葉が対生すること、萼片の先が

5裂することで、区別できます。

 

 

 ネバリノギランと大変似ています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ノギラン(ユリ科)

 山地に生える多年草です。花茎の先端に穂状の花序をつけ

黄緑色の花を上向きにつけます。ネバリノギランは、つぼ状の

花をつけること、花茎が粘ることで区別できます。 

 

 

 マツカサに似ています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

マツカサアザミ(セリ科)

 エリンギウムといわれている花で、園地に栽培されてきました

花は小さな球状で美しい紫色です。広く栽培されています。

 

  

 

 

 

 

 

 

 

群生しているマルバノイチヤクソウ

投稿日:2012年7月13日

 雑木林の中のマルバノイチヤクソウ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

マルバノイチヤクソウ(イチヤクソウ科)

 近くには葉が丸くないイチヤクソウも生えています。

 

 

 ヒツジグサも大平沼にたくさん咲いています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ヒツジグサ(スイレン科)

 昼前後に白い可憐な花を開きます。

 

 

 夕方になると咲きだすオオマツヨイグサ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

オオマツヨイグサ(アカバナ科)

 北アメリカ原産の植物をもとに、ヨーロッパで作り出された園芸植物で、

越年生草本です。日本へは明治初年に渡来し全国各地の海浜や河原

などに広く野生化しています。花は夕方になると始めて咲くので宵を待

つと表現して、大形であるから、本種の名になったそうです。写真の花は

午前9時頃のもので、少ししぼんでいます。 

 

 

 多数の黄色い雄しべは束になっています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

トモエソウ(オトギリソウ科)

 山地の日当たりのよい草地に生える多年草です。茎は方形で枝分かれして

立ちます。披針形の葉が対生します。大きな黄色い花をつけ、日光を受けて開き

1日花です。花弁は5個で、ともえ状にねじれています。多数の黄色い雄しべは

5つの束になっており、中央の子房には1本の花柱があります。名は花弁の形に

よります。

 

 

 ヒメシャジンの変種です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ミヤマシャジン(キキョウ科)

 本州の中部地方以北の亜高山帯~高山帯下部に生える多年草です。

茎は直立し、葉は互生または3~4枚輪生し無柄に近いようです。茎の

上部に鐘形花をつけ下向きに開きます。萼片は広披針形で全縁です。

本種とよく似ているヒメシャジンは、萼片の形が線形で先が鋭く、ふちに

細かい鋸歯があるので、区別できるようです。

 

 

 

 

 

柿色のラン

投稿日:2012年7月11日

 湿ったところが好きなラン

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カキラン(ラン科)

 山野の日当たりのよい湿地に生える多年草です。地下に根茎があって

横にはいます。葉は5~10枚が茎のなかほどより上に互生し、しだいに

小さくなります。花は橙黄色で、茎の先に10個ほどつきます。花は釣り鐘

のような形をしていて、下につきでている唇弁の内側には紫色の斑紋が

あります。名は花の色によります。

 

 

 腐れ玉ではなく、草レダマ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

クサレダマ(サクラソウ科)

 野や山の湿地に生える多年草で、茎は丸く直立してほとんど分枝しません。

葉は対生または3~4枚輪生し、上部で枝を分けて多数の黄色い花をつけます。

名は腐れ玉ではなく、地中海原産のマメ科の低木レダマに似た草の意味だそう

です。クサのレダマと説明すると間違いません。 

 

 

 秋の七草が咲き始めました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カワラナデシコ(ナデシコ科)

 各地の山野に自生する多年生草本です。葉は対生し、線形または披針形で

基部は茎をすこし抱きます。花茎の先に咲く淡紅紫色の花は優美です。秋の

七草のひとつに数えられていますが、7月には咲き始めます。名の撫子は可憐

な花の様子に基づき、河原に生えるからです。別名大和撫子は姉妹品の唐撫子

に対していったものです。

 

 

 小さい鐘という意味です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カンパニュラ(キキョウ科)

 ヨーロッパ原産の多年草で、北アメリカでは野生化しているそうです。

太い根茎は横に長く伸びて、基部の葉は長い葉柄があり心臓状卵形で、

茎葉は無柄で披針形です。花は鐘形で淡紫青色をしていて、うつむいて

開きます。丈夫でよく広がるので栽培は容易です。株分けまたは実生で

よく殖えるそうです。

 

 

 花も咲くモウセンゴケ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

モウセンゴケ(モウセンゴケ科)

 日当たりのよい湿地に生える多年草です。食虫植物で葉の表面には

多数の腺毛が生えます。腺毛は粘着し、小さい虫はこれに触れると動け

なくなります。花茎の先に白い小さな花をつけます。

 

 

 細長い果実が目立ちます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

キササゲ(ノウゼンカズラ科)

 植栽されている落葉高木です。内側に暗紫色の斑点のある淡黄色

の花を開きます。果実は細長く30センチほどになります。果実を腎臓病

の薬とするそうです。