カレンダー

2018年8月
« 7月  
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031 

カテゴリー

アーカイブ

観察日記

清涼感のある香りのミント

投稿日:2012年8月8日

 香り花とも魅力的なハーブ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スペアミント(シソ科)

 ヨーロッパ原産の多年草です。和名はオランダハッカで、清涼感のある香り

と小さい花も魅力的です。葉は表面にしわが目立ちます。淡紅色の小さな唇

形花を密につけます。肉料理のソースや菓子の香りづけなどに利用されるそ

うです。

 

 

  サジガンクビソウよりだいぶ背が高い。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ノッポロガンクビソウ(キク科)

 山林の木陰に生える多年草です。ガンクビソウに似ていますが、

少し背が高く上部はよく分枝します。葉身は卵形で、小花は黄色

です。近畿地方以北と北海道に分布します。

 

 

 オミナエシのあとに咲きだします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

オトコエシ(オミナエシ科)

 山野にごく普通に生える多年草で、全体に毛が多いようです。葉は対生し、

多くは羽状に分裂し、裂片は卵状長楕円形になり、頂片が最も大きくなります。

茎の上部に小さい白花を多数つけます。果実は倒卵形でまわりが翼状になり

ます。オミナエシに対して強剛であるので、男性に見立ててオトコエシというよ

うです。

 

 

 お盆にぴったりの花です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ハンゴンソウ(キク科)

 山地の草原や林縁に生える大形の多年草です。葉は互生し、柄があって

羽状に3~7に深裂します。茎の上端に多数の頭花が密集して咲きます。

頭花は黄色で、1列の舌状花4~5枚と中心に多数の管状花があります。

花はキオンとよく似ていますが、葉が羽状に深裂しているので区別がつき

ます。名は、反魂草の意味だそうです。

 

 

 茎の先に小花を多数つけます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ゴマナ(キク科)

 山地の日当たりのよい草原に見られる多年草です。地下茎は太く横にはい、

茎は葉と共に細毛があってざらつきます。葉は互生して短い柄があり、長楕円

形でふちには荒いきょ歯があり、両面に短毛があります。茎の先に小形の頭花

を多数つけます。舌状花は白色で筒状花は黄色です。名は葉の形から胡麻菜

の意味だろうと思われます。

 

 

 

 

花の形はミゾカクシと似ています。

投稿日:2012年8月7日

 濃紫色の花が目立ちます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

サワギキョウ(キキョウ科)

 山野の湿地に生える多年草です。茎は枝分かれせずに直立

します。葉は無柄で互生し、披針形です。茎の上部に紫色の花

を総状につけます。花は唇形で、上唇は2深裂、下唇は3浅裂

します。

 

 

 舌状花を小さい車に見立てました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

オグルマ(キク科)

 川べりなどの湿地に生える多年草で、地下茎をのばして繁殖

します。カセンソウに似ていますが、カセンソウより湿ったところ

に生えます。茎は上部で分枝し、先に黄色の頭花が1個ずつ開

きます。

 

 

  果実が赤く熟しています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ウスノキ(ツツジ科)

 山林の中に生える落葉低木で、別名カクミスノキとも言います。

5月に緑白色に淡紅色のすじが入った鐘形の花を開きました。

果実がちょうど今赤く熟しています。名は果実の先端がくぼんで

うすのようになっているため、別名も角張った果実の形に基づく

ようです。

 

 

 ガマより遅れて開花します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コガマ(ガマ科)

 沼地に生える多年草です。ガマより小形であることから、名がつきました。

雄花穂は上部にあり、雌花穂は下部にあり、密接しています。ヒメガマは雄

花穂と雌花穂の間が密接していなくて、柄が露出しているので区別できます。

 

 

 葉の様子から名前がつきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ボタンヅル(キンポウゲ科)

 日当たりのよい山野に生えるつる性の多年草です。

葉は3出複葉で対生し、小葉は卵形でふちにふぞろ

いの鋸歯があります。茎の先や葉のわきから花をだし

白色の花が群がってつきます。

 

 

 ヒツジグサが、まだ、きれいに咲いています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ヒツジグサ(スイレン科)

 池沼に生える多年生の水草です。大平沼に自生していて

毎年、数を増やしています。まだまだ、花はきれいですが、

秋に葉が紅葉するのも見どころです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お茶としても飲みます。

投稿日:2012年8月5日

 別名、ネムチャ、マメチャ、ハマチャとも言います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カワラケツメイ(マメ科)

 河原や草地に生える多年草です。葉は羽状複葉で互生します。

葉のわきに黄色の小さな花をつけます。ケツメイとは、エビスグサ

の類をさします。河原に生えることが多いので、この名がついたと

思われます。

 

 

 キンレイカに比べると葉はあまり切れ込みません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

マルバキンレイカ(オミナエシ科)

 本州北部の山地に生える多年草です。山形県の山地には

普通に生えています。茎の先に黄色の小さな花をつけます。

ロックガーデンに咲いています。

 

 

 熟すと食べることができます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コケモモ(ツツジ科)

 高山の湿原に自生する常緑小低木です。茎は細く直立し葉は互生して

小さく卵状です。6月頃淡紅色の花が咲きました。果実は熟すと紅色になり、

食用とすることができます。

 

 

 きせるの雁首に見立てました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

サジガンクビソウ(キク科)

 野草園には普通に生えている多年草です。茎は硬く、葉とともに毛が多く、

葉はさじのような形をしています。頭花は下向きにつきます。同じ仲間のヤブ

タバコ、ノッポロガンクビソウも自生しています。

 

 

 小さい白色3弁の花

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ヘラオモダカ(オモダカ科)

 浅い水中に生える多年草です。葉はへら形で、花茎の

先に小さな白色の3弁花をつけます。