カレンダー

2018年6月
« 5月  
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 

カテゴリー

アーカイブ

観察日記

白い清楚な水草

投稿日:2012年6月23日

 大平沼に自生している水草です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ヒツジグサ(スイレン科)

 この辺の湖沼群のどこの沼でも見られる多年生水草です。卵円形で

光沢がある緑色の葉を水上に浮かべて、細長い花柄の先に白い花を

開きます。萼片は4枚で緑色、花弁は白色で8~15個あり、長さは萼片と

ほぼ同じです。名は未草(ヒツジグサ)で、未の刻(午後2時)に開くことに

よります。そして、夕方には閉じてしまいます。

 

 

 今年は花があまり咲きません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

エゴノキ(エゴノキ科)

 雑木林などに普通に生えている落葉の小高木です。今年のびた小枝の先端に

白い花を1~4個つけます。果実が成熟すると果皮がさけて、褐色で堅く卵形の

種子を出します。生の果皮をすりつぶして、川に流して魚を麻痺させて捕ったり、

果実を洗濯石けんのかわりにしたそうです。名は、果皮がのどを刺激してえごい

ためのようです。

 

 

 海辺の花も咲いています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ハマヒルガオ(ヒルガオ科)

 海岸の砂浜に生えるつる性の多年草です。長い地下茎が砂中にあり

茎は砂の上に横たわっています。葉はまるく厚くつやがあり、水分の蒸発を

防ぎ塩分から身を守ります。長い花柄の先に淡紅色の花を開きます。花は

日中浜で咲くので本種の名がつけられました。ヒルガオとは、その葉が長楕

円形で基部が耳形にとがるので、区別できます。

 

 

 アヤメの仲間では最後に咲きます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ノハナショウブ(アヤメ科)

 山野の草原や湿原に生える多年草でハナショウブの原種です。葉形はハナショウブと

同じですが、幅が狭く中肋があり、太くはっきりしたすじとなる特徴があります。赤紫色の

花を開き基部は黄色です。全体が細長く外花被片は楕円形、内花被片は小さなへら形で

直立していることで、ハナショウブとは区別できます。名は野生のハナショウブの意味だ

そうです。

 

 

ハーブ園の主役です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ラベンダー(シソ科)

 地中海沿岸地方原産の常緑小低木です。茎は小枝を多く分枝し、

葉は線状被針形です。夏、枝先に花穂をつけ、淡紫色の唇形花を

多数開きます。数あるハーブの中でも、人気の高いのが本種で、

草全体から良い香りを放つため「香りの女王」とも呼ばれます。花を

蒸留して揮発性のラベンダー油をとり、香料・薬用とするそうです。

 

 

 箱根の名前がついています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ハコネウツギ(スイカズラ科)

 太平洋側の海岸付近の山地に生える落葉低木で、観賞用としても広く植えら

れているようです。葉は対生しやや厚く光沢があり、縁には鋸歯があります。

写真でもわかるように、花は最初白色で次第に紅紫色に変化します。最近

箱根の低地に自生することがわかったそうです。日本海側に自生するタニ

ウツギとともに庭木とされています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

春咲きのアザミ

投稿日:2012年6月22日

 総苞片が粘着するアザミ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ノアザミ(キク科)

 山野に生える多年草です。アザミの多くは秋に開花しますが、

本種は春から初夏にかけて咲きます。明るいところを好み、頭花

は紅紫色で枝先に上向きにつきます。総苞片は直立し粘液をだし

て粘ります。

 

 

 つぼみが擬宝珠に似ていrます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

オオバギボウシ(ユリ科)

 山野の草地や林内などに生える多年草です。葉は大きく幅が広く長い柄があり、

基部は心形です。花は白色またはわずかに紫色を帯びるようです。トウギボウシ

も咲いていますが、花茎はそれほど高くならず、葉が粉白を帯びています。名は、

橋の欄干に取り付けれている擬宝珠(ぎぼうし)につぼみが似ているからのようです。

 

 

 白山で最初に見つかったシャクナゲ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ハクサンシャクナゲ(ツツジ科)

 本園では最後に咲くシャクナゲでが、鳥海山や月山ではこれから

咲きます。本州の中部地方以北の針葉樹林中に生える常緑低木です。

花は白色で枝先に集まってつきます。漏斗形の花は5裂し、内側に緑色

の斑点があります。本種の雄しべが弁化した八重咲を、ネモトシャクナゲ

といいます。

 

ミヤマガマズミが咲き終わってから咲きます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ガマズミ(スイカズラ科)

 各地の山野に普通に生える落葉低木です。葉は対生し

葉裏とも毛がはえています。一対の葉がある短枝の先に

小さな白い花を多数開きます。果実は秋に赤く熟し食べら

れます。

 

 

 

イワブクロの仲間

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ペントステモン・アングスティフォリウス(ゴマノハグサ科)

 北日本の山地に自生するイワブクロを含むゴマノハグサ科の仲間で、

主として北アメリカに分布する多年草です。

ピンクが鮮やかなベニバナヤマシャクヤク

投稿日:2012年6月20日

 ヤマシャクヤクよりだいぶ遅れて開花するベニバナヤマシャクヤク

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ベニバナヤマシャクヤク’(ボタン科)

 ヤマシャクヤクに似ていますが、花は淡紅色なので、区別できます。

山地に生える多年草で、ヤマシャクヤクよりもだいぶ遅く咲きだします。

ヤマシャクヤクと違う点は、次の通りです。葉の裏は有毛です。雌しべ

の柱頭は長くいちじるしく外側に曲ります。

 

 

 雨の季節が似合うエゾアジサイ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

エゾアジサイ(ユキノシタ科)

 日本海側の山地に生える落葉低木です。太平洋側に多いヤマアジサイに

近い植物ですが、葉と花は本種のほうが大きいようです。枝先に淡紫色の

小さな両性花と周囲に萼片が変化した装飾花をつけます。装飾花は鮮やか

な青紫色、時には淡紅色、白色を帯びます。名は、基準標本の産地が北海道

函館であることによります。

 

 

 神出鬼没のオニノヤガラ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

オニノヤガラ(ラン科)

 山野の林の中に生える多年生の植物ですが、毎年違った所から

出てきます。今年は昨年間伐した所に出てきました。ナラタケと共生

する腐生植物です。全体に黄褐色で葉緑体がありません。先端に

壺状の花を穂状につけます。名は、まっすぐな茎を矢になぞらえた

ようです。別名盗人の足は、根茎を足に見たてたようです。

 

 

 高山植物も咲きだしています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

シラタマノキ(ツツジ科)

 北海道と本州の高山帯に生える常緑小低木です。葉は互生し短い柄をもち

厚い革質でつやがあります。枝の先に白い花が1~6個つきます。花は卵状

壺形で浅く5裂します。果実は成長すると白玉のようになります。イワハゼの

アカモノに対してシロモノともいいます。

 

 

 タデの仲間では目立つほうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

イブキトラノオ(タデ科)

 山地帯から高山帯に生える多年草です。茎は枝分かれしません。

花は茎の先に1個つき、円柱状で、白色から淡紅紫色の小さな花が

びっしりつきます。

 

 

 今のところ、1つだけさいています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

チシマギキョウ(キキョウ科)

 中部地方以北の高山帯に生える多年草です。先端に青紫色の花を

1個横向きにつけます。花は鐘形で先は5裂し、ふちに長い毛があり

ます。よく似ているイワギキョウの花には毛がないので、区別できます。