カレンダー

2017年11月
« 10月  
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930 

カテゴリー

アーカイブ

観察日記

金色の花が咲き始めました

投稿日:2012年3月30日

 昨日と今日の暖かさで、リュウキンカが開花しました。まだ葉も花も小さいのですが、

黄色い花弁状の花をしっかりつけています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

リュウキンカ(キンポウゲ科)

 金色の花が、立った茎に咲くので「立金花」と言われています。湿地や沼地に生える多年草で、

葉はフキのようなまるい形をしています。黄色の花のように見えるのは、花弁状の萼片で、

花弁はありません。クリンソウの谷のコーナーに咲き始めました。すぐ近くに ヤマネコヤナギも咲き始めました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ヤマネコヤナギ(ヤナギ科)

 別名バッコヤナギで、ネコヤナギと違って乾燥したところに生え、子房に長い柄があります。

写真は冬の衣服を脱いだばかりの花の様子で、銀白色に輝いています。

花芽が紅褐色だったということがわかります。もう少したつと、雄花は黄色くなり、

雌花は淡緑色になります。山の斜面に普通に見られます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ネコヤナギの花粉がでてきました

投稿日:

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 大平沼のほとりのネコヤナギは、帽子のような芽鱗が脱げ落ちて

銀色の絹毛におおわれています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 絹毛の間から花糸と紅色の葯がのびだして、紅色になっています。

紅色の葯が割れて黄色い花粉もあらわれています。

ハンノキ林にも春がきました

投稿日:2012年3月28日

 ハンノキ林のハンノキが今花盛りです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ハンノキ(カバノキ科)

  ミズバショウとザゼンソウが咲くところにハンノキ林があります。

枝先に垂れさがってついているのは雄花で、その下方に赤い小さな雌花が見えます。

雄花も雌花も芽鱗に包まれず、冬芽が裸出したまま冬を越すのはハンノキ仲間の特徴です。

雄花が垂れ下がっているので開花しているのがわかります。