カレンダー

2017年10月
« 9月  
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031 

カテゴリー

アーカイブ

観察日記

ネコヤナギの花粉がでてきました

投稿日:2012年3月30日

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 大平沼のほとりのネコヤナギは、帽子のような芽鱗が脱げ落ちて

銀色の絹毛におおわれています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 絹毛の間から花糸と紅色の葯がのびだして、紅色になっています。

紅色の葯が割れて黄色い花粉もあらわれています。

ハンノキ林にも春がきました

投稿日:2012年3月28日

 ハンノキ林のハンノキが今花盛りです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ハンノキ(カバノキ科)

  ミズバショウとザゼンソウが咲くところにハンノキ林があります。

枝先に垂れさがってついているのは雄花で、その下方に赤い小さな雌花が見えます。

雄花も雌花も芽鱗に包まれず、冬芽が裸出したまま冬を越すのはハンノキ仲間の特徴です。

雄花が垂れ下がっているので開花しているのがわかります。   

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ザゼンソウが咲きました

投稿日:2012年3月26日

  今年の野草園は例年にない大雪で、園内にはまだ雪が残っています。

それでも、マルバマンサクは黄色い花をつけています。

ザゼンソウも咲き始めて、みなさんのおいでをお待ちしています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

マルバマンサク(マンサク科)

 マンサクが、太平洋側に多いのに対して、マルバマンサクは、日本海側に多く、

積雪地に適応したタイプです。花はマンサクと同じですが、葉の上半部が丸いのが特徴です。

線形で黄色の花弁と紫紅色の萼が良く目立ちます。春に先駆けて「まず咲く」ので、マンサクといわれています。

今年は寒さが厳しかったので、3月下旬に咲き始めました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ザゼンソウ(サトイモ科)

 ミズバショウよりも一足早く、自然ふれあいゾーンに咲き出しました。花の様子が、僧が座禅をしているように見えるため、この名があります。別名ダルマソウとも言われています。紫褐色の花のように見えるのは、仏炎苞と言われるものです。中の頭のような楕円形の部分が花序になりますが、なかなか頭をこちらにむけてくれません。

 

        

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ネコヤナギ(ヤナギ科)

 春、真っ先に開花するヤナギのひとつです。ネコヤナギの芽鱗は一個で帽子状になっているので、すっぽりと抜け落ちます。大平沼の北側土手に咲いていますが、カワヤナギの別名が示すように、生育地は渓流沿いが多いようです。この後、雄花は花粉の入った葯が赤く目立ち始めます。