カレンダー

2018年2月
« 11月  
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728 

カテゴリー

アーカイブ

観察日記

梅の花に似たツツジ

投稿日:2012年6月26日

 葉の下にかくれたようにして咲きます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

バイカツツジ(ツツジ科)

 山地に生える落葉低木です。枝先に楕円形の葉を輪生状につけます。

そのやや下に梅の花のような小形の白花を横向きにつけます。名は、

梅花ツツジで、その花の形に基ずいたものです。

 

 

 苗代の頃に熟するイチゴ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ナワシロイチゴ(バラ科)

 6月の苗代の頃に熟して食べられるというイチゴですが、まだ

花がさいたばかりです。、赤く熟した実は食べることができます。

この後、クマイチゴとエビガライチゴが咲き始めます。そして、赤

い実をつけます。もちろん、食べることができます。

 

 

オニの名がついたシモツケ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

オニシモツケ(バラ科)

 深山の沢沿いなどに群生する多年草です。自生地では、

高さ2mにも達するのがあります。大形になるので、鬼シ

モツケの名がつきました。花はとても小さく、白色または

やや紅色を帯びます。花弁は5個あります。

 

 

 

 花が鳴子に似ているユリ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

オオナルコユリ(ユリ科)

 山地に生える多年草で、ナルコユリより大形です。名は

花が下垂する様子を、たんぼの鳴子にたとえたものです。

アマドコロに似にていますが、茎の断面が丸いので区別

できます。

 

 

 

 ハーブ園でラベンダーをはじめいろいろな花が咲きだしました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ムスクマロウ(アオイ科)

 白花の品種ムスクマロウ”アルバ”です。開花期が長いのが特徴です。

和名はジャコウアオイで、ムスク(ジャコウ)の香りがただよい、観賞用

として利用されることが多いようです。原産地はヨーロッパです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ウェルバスクム・ニグルム(ゴマノハグサ科)

 和名はクロモウズイカで、ヨーロッパからアジアに分布する2年草です。

長い総状花序に小形の黄色い花をつけます。花糸には紫色の毛がつき

ます。それで毛蕊花です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ロサ・モスカタ(バラ科)

 和名はセイヨウノイバラです。南東ヨーロッパを中心に分布

します。花は白花で、じゃ香のような香りがします。栽培バラの

主要な祖先種のひとつだそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

セントジョンズワート(オトギリソウ科)

 和名はセイヨウオトギリソウです。かって、ヨーロッパでは、打ち身や

切り傷、捻挫の治療に用いたそうです。金色の雄しべが広がった黄色

の花は美しいので切り花にも適しています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ダイヤーズカモミール(キク科)

 花は1本の茎に1本だけ咲きます。観賞用としても

切り花としても楽しめる花です。和名はコウヤカミツレで、

染料としても利用されます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

白い清楚な水草

投稿日:2012年6月23日

 大平沼に自生している水草です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ヒツジグサ(スイレン科)

 この辺の湖沼群のどこの沼でも見られる多年生水草です。卵円形で

光沢がある緑色の葉を水上に浮かべて、細長い花柄の先に白い花を

開きます。萼片は4枚で緑色、花弁は白色で8~15個あり、長さは萼片と

ほぼ同じです。名は未草(ヒツジグサ)で、未の刻(午後2時)に開くことに

よります。そして、夕方には閉じてしまいます。

 

 

 今年は花があまり咲きません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

エゴノキ(エゴノキ科)

 雑木林などに普通に生えている落葉の小高木です。今年のびた小枝の先端に

白い花を1~4個つけます。果実が成熟すると果皮がさけて、褐色で堅く卵形の

種子を出します。生の果皮をすりつぶして、川に流して魚を麻痺させて捕ったり、

果実を洗濯石けんのかわりにしたそうです。名は、果皮がのどを刺激してえごい

ためのようです。

 

 

 海辺の花も咲いています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ハマヒルガオ(ヒルガオ科)

 海岸の砂浜に生えるつる性の多年草です。長い地下茎が砂中にあり

茎は砂の上に横たわっています。葉はまるく厚くつやがあり、水分の蒸発を

防ぎ塩分から身を守ります。長い花柄の先に淡紅色の花を開きます。花は

日中浜で咲くので本種の名がつけられました。ヒルガオとは、その葉が長楕

円形で基部が耳形にとがるので、区別できます。

 

 

 アヤメの仲間では最後に咲きます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ノハナショウブ(アヤメ科)

 山野の草原や湿原に生える多年草でハナショウブの原種です。葉形はハナショウブと

同じですが、幅が狭く中肋があり、太くはっきりしたすじとなる特徴があります。赤紫色の

花を開き基部は黄色です。全体が細長く外花被片は楕円形、内花被片は小さなへら形で

直立していることで、ハナショウブとは区別できます。名は野生のハナショウブの意味だ

そうです。

 

 

ハーブ園の主役です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ラベンダー(シソ科)

 地中海沿岸地方原産の常緑小低木です。茎は小枝を多く分枝し、

葉は線状被針形です。夏、枝先に花穂をつけ、淡紫色の唇形花を

多数開きます。数あるハーブの中でも、人気の高いのが本種で、

草全体から良い香りを放つため「香りの女王」とも呼ばれます。花を

蒸留して揮発性のラベンダー油をとり、香料・薬用とするそうです。

 

 

 箱根の名前がついています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ハコネウツギ(スイカズラ科)

 太平洋側の海岸付近の山地に生える落葉低木で、観賞用としても広く植えら

れているようです。葉は対生しやや厚く光沢があり、縁には鋸歯があります。

写真でもわかるように、花は最初白色で次第に紅紫色に変化します。最近

箱根の低地に自生することがわかったそうです。日本海側に自生するタニ

ウツギとともに庭木とされています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

春咲きのアザミ

投稿日:2012年6月22日

 総苞片が粘着するアザミ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ノアザミ(キク科)

 山野に生える多年草です。アザミの多くは秋に開花しますが、

本種は春から初夏にかけて咲きます。明るいところを好み、頭花

は紅紫色で枝先に上向きにつきます。総苞片は直立し粘液をだし

て粘ります。

 

 

 つぼみが擬宝珠に似ていrます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

オオバギボウシ(ユリ科)

 山野の草地や林内などに生える多年草です。葉は大きく幅が広く長い柄があり、

基部は心形です。花は白色またはわずかに紫色を帯びるようです。トウギボウシ

も咲いていますが、花茎はそれほど高くならず、葉が粉白を帯びています。名は、

橋の欄干に取り付けれている擬宝珠(ぎぼうし)につぼみが似ているからのようです。

 

 

 白山で最初に見つかったシャクナゲ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ハクサンシャクナゲ(ツツジ科)

 本園では最後に咲くシャクナゲでが、鳥海山や月山ではこれから

咲きます。本州の中部地方以北の針葉樹林中に生える常緑低木です。

花は白色で枝先に集まってつきます。漏斗形の花は5裂し、内側に緑色

の斑点があります。本種の雄しべが弁化した八重咲を、ネモトシャクナゲ

といいます。

 

ミヤマガマズミが咲き終わってから咲きます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ガマズミ(スイカズラ科)

 各地の山野に普通に生える落葉低木です。葉は対生し

葉裏とも毛がはえています。一対の葉がある短枝の先に

小さな白い花を多数開きます。果実は秋に赤く熟し食べら

れます。

 

 

 

イワブクロの仲間

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ペントステモン・アングスティフォリウス(ゴマノハグサ科)

 北日本の山地に自生するイワブクロを含むゴマノハグサ科の仲間で、

主として北アメリカに分布する多年草です。