カレンダー

2017年9月
« 8月  
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 

カテゴリー

アーカイブ

観察日記

数層に輪生して咲くクリンソウ

投稿日:2012年5月25日

 サクラソウも見ごろですが、クリンソウも見ごろになってきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 サクラソウの仲間では大形なので見ごたえがあります。

よく見ると、花色が少しずつ違います。クリンソウの谷に

群生し始めました。

 

 

 いつも、ウワミズザクラの次に咲き始めます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

イヌザクラ(バラ科)

 各地の山野に生える落葉高木です。葉の展開後に、小さな白い花をふさのように

たくさんつけます。花はウワミズザクラに似ていますが、花全体が小さいこと、花の

基部に葉がないこと、葉の基部がくさび形で、樹皮が灰色であること、太平洋側に

多いこと等が異なります。サクラの仲間ですが、花がサクラに似ていないのでこの

名があるようです。

 

 

日本海側に自生するタニウツギ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

タニウツギ(スイカズラ科)

 主に日本海側の山地に生える落葉低木です。観賞用としても植えられている

そうです。昔飢饉の時には若葉を食用にしたり、多くの地方名があることから、

人々と深いかかわりがあったことがわかります。小枝の先端や葉のつけ根に

淡紅色の花を2~3個づつつけます。花はろうと形で筒部は短く先は5裂します。

 

 

白い花がきれいなアカモノ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アカモノ(ツツジ科)

 別名イワハゼともいい、低山帯~高山帯下部の林縁に生える常緑矮性低木です。

葉のつけ根から花茎を出し、その先に淡紅色で鐘形の花を1個つけます。花は下向きに

咲きますが、萼が肥大した赤い実は上向きになります。アカモノのモノはコケモモのモモと

同じで、モモ(桃)が転訛したものであろうといわれています。

 

 

枝分かれするホウチャクソウ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ホウチャクソウ(ユリ科)

 山地の林内に普通に生える多年草です。茎は斜上し、1~2回分枝します。

葉は数個つき、長楕円形です。花は枝の先に1~3個ついて垂れ下がります。

花被片は筒状に集まって平開しなく、白色で先端がすこし緑色を帯びます。

果実は球形で黒く熟します。名は寺院や五重塔の軒に下がっている宝鐸に

似ていることによります。

サクラソウ類の代表、サクラソウ

投稿日:2012年5月24日

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 サクラソウが見ごろになってきました。クリンソウの谷にきれいに

咲いています。白花のサクラソウも咲いていました。

 

 山形県の高山には普通に生えています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アオノツガザクラ(ツツジ科)

 本州中部地方以北の高山帯に生える常緑小低木です。雪田周辺に咲く花で、

高山では夏の花ですが、野草園では、早めに咲きだします。

 

 

山形市の木、ナナカマド

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ナナカマド(バラ科)

 山地帯から亜高山帯の林内に生える落葉高木です。葉は奇数羽状複葉で、

小葉は4~7対あります。枝先に白い花を多数開いています。近くにウラジロ

ナナカマドを植栽しています。

 

トチ餅を作るトチノキ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

トチノキ(トチノキ科)

 山地に生え大木になり、樹冠は広円形になります。葉は大形の掌状複葉で、対生します。

枝先に大きな円錐花序を出し、雄花と両性花をつけます。花は白色で、紅色を帯びた4弁花

を開きます。雄しべは7個。雌しべは1個で、雄花では退化しています。果実は倒円錐形で

秋に熟し、3裂して赤褐色でクリに似た種子を出します。 

 

マロニエ(セイヨウトチノキ)も植栽しています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

セイヨウトチノキ(トチノキ科)

 バルカン半島原産の落葉高木。葉はやや小形です。

果実は球形でとげがあるのでトチノキと区別できます。

パリのマロニエの並木が有名です。

 

青紫色がきれいなフデリンドウ

投稿日:2012年5月22日

木洩れ日が好きなフデリンドウ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

フデリンドウ(リンドウ科)

 春に咲くリンドウで、この辺の山ならどこでも見ることができます。

ただし、越年草ですので育てることは大変難しい植物です。名は、

茎頂に咲く花の状態が、筆の先を思わせるためのようです。

 

花が白色から黄色に変わります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

キンギンボク(スイカズラ科)

 山地に自生する落葉低木で、観賞用としてもよく植えられています。

葉のつけ根から短柄を出して2個ずつ花をつけます。はじめ白色でのちに

黄色になる、この花の入り交じる様子を銀と金にたとえたようです。果実は

球形で赤く熟し2個接着して瓢箪状なるため、ヒョウタンボクの名もあります。

果実は猛毒です。

 

ホタルのようによく目立ちます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ホタルカズラ(ムラサキ科)

 乾いた草地や林縁に生える多年草です。小さい花ですが、ムラサキ科の中では

一番大きいそうです。蛍光を発しているような青い色は遠くからでも目だちます。そこから、

ホタルの名がつきました。花後に根もとからつるが出てきて新しい株をつくります。それで、

この名があります。

 

 

ヒメオドリコソウに負けていません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

オドリコソウ(シソ科)

 ヨーロッパ原産のヒメオドリコソウにおされて存在感のなくなったような本種ですが、

しっかり咲いています。東アジアの温帯に広く分布し山野や道ばたの半日陰に生える

多年草です。葉のわきに淡紅紫色または白色の花を数個輪生します。名は花の形が

笠をかぶった踊り子の姿に似ていることによるようです。

 

 

食用にもなるサクラ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ウワミズザクラ(バラ科)

 同じ仲間のイヌザクラ、シウリザクラに先がけて咲いています。花は、葉の展開後に咲き、

下部に葉が3~5枚つきます。新枝の先に白い花が密集して咲き、長い雄しべが目立ちます。

白い花が風に揺れる様子は、たくさんの動物の尾のように見えて、じゃれているような感じが

します。つぼみの塩漬けを杏仁香と呼んで食用にするところもあるそうです。

 

このツツジは食べられません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

レンゲツツジ(ツツジ科)

 名は、つぼみの様子を蓮華(ハスの花)に見たてたようです。草原や林縁に生える

落葉低木です。葉の展開と同時に朱橙色の花が開花します。1個の花芽から2~8個

の花が咲き、日本のツツジの中ではもっとも大きいそうです。花びらの上側に斑点がある

のと、葉の表にしわがあるのが特徴の1つです。有毒植物で家畜が食べないので牧場

などに多くあります。

 

黄色がきれいなハギ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

センダイハギ(マメ科)

 東北地方と北海道の海岸の砂地に多い多年草です。葉は3枚の小葉からなります。

茎から、マメ科の特徴である深黄色の美しい蝶形花を開きます。上側の旗弁は他の

花弁より短く、両脇にある翼弁は楕円形で竜骨弁を包んでいます。雄しべが10本あり

ほぼ同長で離れているのが特徴のようです。名は北国に多いハギということのようです。

 

更紗模様のドウダンツツジ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

サラサドウダン(ツツジ科)

 深山の林内や林縁、岩場に自生し、ドウダンツツジの仲間では最も北方まで分布します。

花は淡紅白色で紅色の縦の筋があります。この更紗のような模様が名の由来になっている

ようです。白いドウダンツツジと花の形は似ていますが、壺形にならないで先が広がり鐘形の

ところが違うようです。