カレンダー

2019年2月
« 1月  
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728 

カテゴリー

アーカイブ

3.みどころ情報

黄葉したカツラの木の周りは甘い匂い

投稿日:2018年10月11日

カツラの黄葉カツラの黄葉の葉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カツラの黄葉(カツラ科)

カツラの木が黄葉し、周りには甘い匂いがします。下には黄色や茶色のハート形の落ち葉がたくさんあります。その黄色の葉が茶色になり始めると、砂糖をこがしたような香ばしい匂いを出すのです。 (「ウランウデの庭」の北西側などに見られます)

 

 

ムラサキシキブの果実

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ムラサキシキブの果実(シソ科)

山地や野原に生える落葉低木です。初夏に淡紫色の小花を咲かせていましたが、今は径3mm程の紫色の果実をたくさん付けています。葉が散った後もこの果実はずっと残っています。このきれいな紫色の実から名がついたようです。 (「ミズバショウの谷」などに見られます)

 

 

ミズナラの果実

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ミズナラの果実(ブナ科)

山地に生え大きいものは高さ30mにもなる落葉高木です。葉は互生し大きな鋸歯がありますが、葉柄はごく短いです。春に本年枝の下部から雄花序を垂らし、上部の葉腋に雌花をつけました。今は、1.5~2.5cmの卵状楕円形の果実(堅果)いわゆる「ドングリ」になっています。 (「大平沼」周辺などに見られます)

 

 

ブナの果実

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ブナの果実(ブナ科)

山地に生育する落葉高木で、5月頃たくさんの雄花序と雌花序をつけました。今はたくさんの果実をつけています。刺状のかたい突起におおわれた殻斗と呼ばれるかたい殻に包まれています。殻斗は4つに割れ、中から果実(堅果)が2個出てきます。これが野生動物の餌になり、今年はたくさんついています。 (「中央広場」などに見られます)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

黄色の舌状花と茶色の筒状花のヤナギバヒマワリ

投稿日:2018年10月8日

ヤナギバヒマワリ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ヤナギバヒマワリ(キク科)

北米原産で草丈0.5~1mの多年草です。茎を直立して上部に線形の葉をたくさん付けます。黄色の舌状花と中心の茶色の筒状花の小さなヒマワリに似た花で、葉がヤナギの葉と似ているためにこの名がついたようです。 (「スワンヒルの庭」に見られます)

 

 

クヌギの果実

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

クヌギの果実(ブナ科)

山地に多い落葉高木で、葉は互生し長楕円状披針形で縁には針状の鋸歯があります。5月頃、本年枝の下部から黄褐色の雄花を垂らし、上部の葉腋に雌花をつけます。果実のドングリは丸く翌年秋に成熟します。下半部は椀形の殻斗につつまれます。 (「野草の丘」の南東側に見られます)

 

 

ゲンノショウコの果実

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ゲンノショウコの果実(フウロソウ科)

草丈30~40cmの多年草で夏から白紫色の花を咲かせていましたが、今は果実になっています。種子を飛ばすバネのような果柄の集まりが、お神輿(みこし)の屋根に見えるので「神輿草」の別名があります。裂片の先に種子が付いています。 (所々に見られます)

 

 

ガマズミの果実

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ガマズミの果実(レンプクソウ科)

6月に白い小花を散房状につけましたが、今は赤い果実がたくさん付いています。甘さはなくさわやかな酸味です。そのため野鳥が食べるそうです。 (「ひょうたん池」の南西側などに見られます)

果実の果柄はまるで珊瑚のような形のクマノミズキ

投稿日:2018年10月6日

クマノミズキの果実

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

クマノミズキの果実と果柄(ミズキ科)

山地に生育し10m程の高さにもなる落葉高木です。7月にたくさんの白い小花の散房花序を枝に付けました。今はそれが、赤みがかった果柄と青黒い果実になっています。この果柄はこれからますます赤くなり、まるで珊瑚のように見えます。 (「ナナカマドの森」などに見られます)

 

 

サクラタデ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

サクラタデ(タデ科)

水辺や湿地に生える多年草で草丈50~70cm、地下茎を横に伸ばしてふえていきます。穂状花序は細長く、淡紅色の小花をやや密につけます。花弁状のものは萼片で5裂し、花弁はありません。名前の由来は花がサクラに似ているからのようです。 (「吉林の庭」などに見られます)

 

 

ナギナタコウジュ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ナギナタコウジュ(シソ科)

山地や道端に生える高さ30~60cmの1年草で、全体に強い香りがします。枝先に花穂を出し淡紅紫色の小花を片側にだけ密に付けます。その姿が長刀に似ているので名前がついたようです。小花はシソ科ですので唇形です。(「水辺の花コーナー」などに見られます)

 

 

オトコエシの果実

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

オトコエシの果実(スイカズラ科)

茎の高さが60~100cmで、8月に白い花を咲かせました。今はたくさんの白い果実を付けています。果実は長さ3mm程の倒卵形で周りが丸い翼状になっています。同じ仲間のオミナエシの果実にはオトコエシのような丸い翼はありません。 (「吉林の庭」などに見られます)