カレンダー

2019年1月
« 11月  
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031 

カテゴリー

アーカイブ

3.みどころ情報

瀧山初冠雪

投稿日:2012年11月2日

 去年よりだいぶ早い瀧山の初冠雪

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

園内いたるところ紅葉真っ盛り

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 以上の赤や黄色に紅葉しているのは、ヤマモミジです。他にも黄色く紅葉している

オオバクロモジ、アオハダ、カツラ、イタヤカエデ。赤や黄色の混じっているウリハダ

カエデなど、野草園内は紅葉真っ盛りです。

 

 

 

 

芳香がある果実

投稿日:

 咳止めに使います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カリン(バラ科)

 中国原産の落葉高木で、ひろく庭園に栽培されています。樹皮は

なめらかで鱗状にはがれます。春、新葉と同時に淡紅色の花が短枝

の先に一個ずつ咲きます。果実は楕円形で、表面に毛がなく秋に黄

熟します。果肉はかたく、酸味も強くて生食できないが、砂糖漬としたり、

芳香があるので果実酒の材料となったり、薬用にも使われます。

 

 

 一輪だけ咲きました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

イワシャジン(キキョウ科)

 関東地方から中部地方の山地に生える多年草です。いつもより遅く、

やっと咲きました。葉は披針形」で互生します。細い花柄の先に鐘形で

紫色の花をつけました。

 

 

黄色く紅葉します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

イタヤカエデ(カエデ科)

 山地に生える落葉高木で、樹皮は暗灰色で老木になると浅く裂けます。

葉は対生し掌状に5~7に中裂~浅裂し、裂片の先端はとがります。秋に

黄色く色づくカエデの代表で、成木はほぼ必ず黄色になるが、若木や幼木

は橙色や赤色に染まることもあります。葉がよく茂り、板でふいた屋根のよ

うに雨がもらないということからこの名があります。

 

 

仮種皮の色が美しい

投稿日:2012年10月31日

 実は野鳥の好物です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ツルウメモドキ(ニシキギ科)

 山野の林縁に生える落葉つる性木本です。樹皮は灰色で枝は

黄緑色から、しだいに赤褐色になります。葉は互生で楕円形また

は倒卵形でふちには浅いきょ歯があります。6月頃、雄株では数

個、雌株では1~3個の黄緑色の花をつけました。果実は黄色に

熟すと3つに割れ、橙赤色の仮種皮に包まれた種子が顔をだし

ています。

 

 

 果実は種子が露出しています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ヤブラン(ユリ科)

 山地の木陰に生える多年草で、根茎は太く短い。葉は線形で

深緑色で、スイセンと同じ型式にかさなって根もとにつき光沢が

あります。花茎は葉と同じ長さまたはそれより短く、花は3~5個

集まってつきます。花びらは6枚で淡紫色の楕円形です。果実は

種子が露出し、紫黒色に熟します。和名はやぶに生え、ランの葉

ににていることによります。

 

 

 今年は果実がほとんどついていません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ナナカマド(バラ科)

 モミジ類やウルシ類とならび真っ赤な紅葉が美しい木のひとつで、

北国の紅葉を代表する存在です。小さな葉が羽のように並んで1枚の

葉を構成する羽状複葉が鮮やかな赤色に染まります。赤い果実も葉が

緑色の頃からつけ、葉が落ちてからも枝に残ります。ブナやミズナラの

森林地帯に主に生えています。山形市の木です。