カレンダー

2017年6月
« 5月  
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930 

カテゴリー

アーカイブ

観察日記

矢を地面に突き立てたような花……「オニノヤガラ」

投稿日:2017年6月22日

オニノヤガラ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

オニノヤガラ(ラン科)

光合成をせず、ナラタケ属の菌に寄生し養分を得て生活しています。葉が付いていないまっすぐな茎を地面に突き立てて花を付けている様子は、まるで地面に矢が突き刺さったようで一種異様にさえ見えます。茎の上部に付く1~1.5cmの花は3萼片が合着して壺状になり、中に2個の側花弁と長楕円形の唇弁があります。    (「木道」から杉林の林内などに見られます。)

 

 

✿✿ ハーブ園の花たちも少し賑やかになってきました。

 

ジキタリス

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ジキタリス(オオバコ科)

高さ1~2mに伸ばした花茎に穂状に花を咲かせます。長さ3~5㎝の花は釣鐘型で、内側に特徴的な斑紋が入ります。大きな葉はカサカサした手触りです。多量に摂ると有毒と言われ、不吉なイメージから「魔女の指ぬき」「血の付いた男の指」等と呼ぶ地域もあるということです。

 

 

 

リナリア

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

リナリア(オオバコ科)

草丈は20~60cm、とても丈夫な性質であちらこちらに飛んで広がっていきます。金魚の尻尾の様な形をした小花をたくさん付ける事から、「ヒメキンギョソウ」とも言われます。上向きの花びら(上唇弁)が縦に大きく裂け、ウサギの耳のようにも見えます。花色は紫、ピンク、白色、赤と多彩です。

 

 

 

ペントステモン

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ペントステモン(オオバコ科)

ペンステモンとも呼ばれる、山地に自生するイワブクロの仲間です。高さ30~80cmの茎の上部に、先が5裂した花筒の長い花を咲かせます。雄しべが5個あるように見えるので、ギリシア語の“5”の意味を表す名が付きました。 

  

 

 

レッドバレリアン

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

レッドバレリアン(オミナエシ科)

草丈は50~80cm、光沢のある葉を持ち、赤い小花が密生して付きます。花は5つに裂けた合弁花で、付け根に“距”と呼ばれる、後ろに突出した部分があります。花には菜の花のような香りがあり、スープや添え物に使われます。

クルクル巻いた花弁と黄色い葯が面白い……「ウリノキ」

投稿日:2017年6月21日

ウリノキ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ウリノキ(ミズキ科)

6枚程の線形の花弁が著しく外側に巻き込み、4~10個ある雄しべの黄色くて長い葯が、独特の花を形作ります。花の長さは3~3.5cmになり、果実は綺麗な藍色に熟します。名は大きな葉がウリの葉に似ることによります。    (木道から杉林周辺などに見られます。)

 

 

 

サルナシ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

サルナシ(マタタビ科)

キウィフルーツを無毛にしてかなり小さくしたような、美味しい緑色の果実を付けることで知られています。雌雄異株で、白色の5弁花は葉腋から出て集散花序を出します。花径は2~3cmで、下向きに開きます。マタタビの花と似ています。サルが我を忘れて食べる事からの名と言われます。      (「ロックガーデン」上り坂に見られます。)

 

 

 

エゾノチチコグサ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

エゾノチチコグサ(キク科)

草丈は5~25cm、茎や葉には白い綿毛が生えています。雌雄異株で、茎先に散房花序を出し、桃色の花を付けますが、株によって濃淡があるようです。花弁に見えるのは総苞片です。チチコグサの和名の由来は諸説ありすぎてはっきりしません。     (「ロックガーデン」に見られます。)

 

 

 

ユリノキ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ユリノキ(モクレン科)

薄くて硬く、浅く掌状に裂け、まるで半天に見立てられるような独特の葉の形で、ユリノキであることが分かります。枝先に、径6㎝程のチューリップにそっくりな黄色い花を付けます。全体は黄緑色ですが、付け根付近にオレンジ色の斑紋のある花で、英語では“チューリップツリー”と呼ばれます。       (「大平沼」東側に見られます。)

 

 

 

コケモモ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コケモモ(ツツジ科)

高さ10cm程の常緑低木で、山地帯の岩場などに生育します。葉は長さ1~2.5cmで倒卵形、枝先に紅色を帯びた、大きさ5~8mmの鐘状の花を下向きに付けます。花弁は先端で4つに裂け、花後、甘酸っぱい液果を赤く熟します。      (「ロックガーデン」に見られます。)

 

 

 

※お詫び 掲載したコメバツガザクラが誤った記事でしたので削除しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

未の刻(午後2時ころ)に開花するので……「ヒツジグサ」

投稿日:2017年6月20日

ヒツジグサ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ヒツジグサ(スイレン科)

卵円形の光沢のある葉を水面に浮かべて、その数枚の葉の中心辺りに白い花を開きます。径3~4㎝の花は白色の花弁が8~15個あり、4枚の緑色の萼片と同じ長さです。和名は未(ひつじ)の刻…午後2時ころに開花する事によります。そして、夕方には閉じてしまい、また翌日の午後2時ころに開きます。     (「大平沼」に見られます。)

 

 

 

イブキトラノオ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

イブキトラノオ(タデ科)

真っ直ぐ高く立てた1mほど茎の上部に、白い小花を穂状に付けます。少しピンクがかった小花は花弁が無く、萼が深く5裂します。茎葉はほとんど葉柄が無く、少し茎を抱く感じです。細い茎の上に花穂が付いているのに、ほとんどしなりません。           (「ロックガーデン」に見られます。)

 

 

 

ノイバラ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ノイバラ(バラ科)

長さ2~5㎝程の小葉を羽状複葉に付け、径2㎝程の芳香のある白の5弁花を多数咲かせます。雄しべは多数あり、花柱は柱状に合着しています。花後、6~9mmの甘くて香りのよい偽果を付けます。    (「クリンソウの谷」「ロックガーデン」などに見られます。)

 

 

 

ナワシロイチゴ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ナワシロイチゴ(バラ科)

山野の日当たりのいい場所によく見られます。葉は三出複葉で、葉脈がくぼんで見えます。枝の先に散房状に付ける赤っぽい紫色の花、花弁が小さく目立ちません。苗代の頃に赤い実が熟すのでこの名です。実はジャムにするとおいしいそうです。     (「大平沼」周辺などに見られます。)