未分類

ほのかに良い香りのする秋の七草…「フジバカマ」

投稿日:2016年8月13日

0812フジバカマ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

フジバカマ(キク科)

中国からの帰化植物と言われ、秋の七草の一つ。草丈は1~1.5mで、対生する葉は葉柄が短く、3つに深裂するのが普通です。淡紅紫色の頭花は5個の小花から成り、筒状の小花は花柱が長く、先は2つに分かれ、それが糸状に見えます。乾くと良い香りがします。   (「七草の庭」に多く見られます。)

 

 

 

8.04 オクモミジハグマ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

オクモミジハグマ(キク科)

山地の林下に生える、高さ40~80cmの多年草。茎の途中にやや輪生状に葉が付き、中心から伸ばした花茎に、白色の頭花をまばらに付けます。頭花は3個の筒状花から成り、花冠はそれぞれ細く糸状に5裂し、後ろに少し反り返ります。    (「ひょうたん池」西側などに見られます。)

 

 

 

8.29 ワレモコウ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ワレモコウ(バラ科)

山野に普通に生える、高さ1m前後の多年草で、縁が波型の奇数羽状複葉が目立ちます。茎の上部に暗紫色の楕円球の花序を作り、上から下へと小花を開花します。小花は花弁が無く、4枚の萼片が花弁のように見えます。4個の雄しべの葯も暗紫色です。   (「花の草原」に植栽しています。)

 

 

 

8.08 オオミゾソバ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

オオミゾソバ(タデ科)

水辺に生える、高さ50~90cmの1年草。茎の上部は直立し、下向きのトゲがあります。ほこ形の葉は有柄で互生し、葉柄には明らかな翼が見られるのが特徴です。花は径5mm程で、花被片は5個ありますが、これは萼が変わったものです。      (あちらこちらの水辺に見られます。)

 

上品な紫…「ムラサキシキブ」

投稿日:2014年10月31日

1028ムラサキシキブの実

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ムラサキシキブ(クマツヅラ科)の果実

台湾~日本の林などに分布する落葉低木です。淡紫色で小さな花も可愛くてきれいですが、熟した果実は、上品な紫で、大人の方に人気があります。紫色の実の美しさを、平安美女の「紫式部」に例えたネーミングです。

 

 

1028ツルウメモドキの実

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ツルウメモドキ(ニシキギ科)の果実

北海道~九州の山野の林縁に生える、落葉ツル性の木本。黄緑色の目立たない小花の後に、このような鮮やかな実を付けています。果実は熟すと三つに割れるのが特徴です。

 

 

1029アジサイ紅葉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

エゾアジサイ(アジサイ科、ユキノシタ科)の萼

ご存知のように、ガクアジサイの周りの花は「装飾花」で萼、いわば葉が変化したものですが、この季節はエゾアジサイの装飾花も青色から赤紫色へと色が変わっています。まるで赤紫色の花のように見えます。ちなみに、ガクアジサイの“ガク”は、“額”の意味です。

 

枝に翼がないコマユミ

投稿日:2013年11月21日

実がきれいなコマユミ

 

コマユミ11,12

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コマユミ(ニシキギ科)

 木の枝や草原に少し雪が積もっています。コマユミの果実

が熟して裂けて、橙赤色の仮種皮に包まれた種子が現れて

います。

 

 今年は角のある実がたくさんつきました。

 

ツノハシバミ11,12

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ツノハシバミ(カバノキ科)

 冬芽は赤みを帯びています。雄花序は裸芽で

枝の途中につきます。

 

 ハシバミにはたくさんの冬芽がついています。

 

ハシバミ11,12

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ハシバミ(カバノキ科)

 ツノハシバミと違い、雄花序は枝の先につきます。

雌花序の冬芽は雄花序のわきや葉腋につきます。