観察日記

シラネアオイが一面に咲く林の中

投稿日:2019年5月10日

シラネアオイの群生左シラネアオイの群生右シラネアオイ2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

シラネアオイの群生

林の下に群生しているシラネアオイの花は、やや大きく清楚で目立ちます。日本固有種の1属1種の植物で、中部地方以北の多雪地に生える多年草です。茎の先に淡紅紫色の花をつけます。まれに白色の花もあります。(「ひょうたん池」の西側などに見られます)

 

 

ヤマブキソウ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ヤマブキソウ(ケシ科

山野の林内に群生する多年草で草丈が30cm程です。花がヤマブキに似ているから名がついたようですが、花弁の数はヤマブキの5個に対して4個、葉の形も違い同じ仲間でないことがわかります。鮮やかな黄色がきれいです。(「薬草コーナー」の東側に見られます)

 

 

シロヤシオツツジ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

シロヤシオ(ツツジ科)

太平洋側の山地に多く、花が白いので清潔な感じのするツツジです。花は広い漏斗形で先が5裂して上面の花弁の内側に緑色の斑点があります。葉は枝先に5枚輪生状に付くことから「五葉(ゴヨウ)ツツジ」とも言われます。 (「ツツジの丘」などに見られます)

 

 

ウラシマソウ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ウラシマソウ(サトイモ科)

紫褐色のものは仏炎苞と呼ばれる葉の変形したもの、その中に花の集まり(肉穂花序)があります。その先端から付属体が釣り糸状に長く伸びているのが特徴です。それを浦島太郎の釣り糸と見立てて名がつけられたようです。若いうちは雄株で成熟すると雌株に性転換するそうです。 (「ひょうたん池」の西側に見られます)

 

 

ツルシキミ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ツルシキミ(ミカン科)

積雪地域の林下に生える常緑小低木で高さが50cm程、葉は枝先に集まって互生し革質で縁は全縁です。雌雄異株で枝先の円錐花序に白色の4弁花を密に付けます。雄花の雄しべは4個です。果実は球形で赤く熟します。(「マグノリア通り」の花壇に見られます)

 

 

メギ2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

メギ(メギ科)

高さは1~1.5mで平たい球形の樹形をつくる落葉低木です。株元から幹をたくさん出し、細かく枝分かれして茂ります。枝の各節に1~3本トゲが生えます。葉が開く頃、小さな黄緑色の花が2~4個ずつ下向きに垂れ下がるようにたくさん付きます。秋になると小さな果実が真っ赤に熟します。 (「ロックガーデン」の登り口に見られます)

 

 

チングルマ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

チングルマ(バラ科)

背丈は10cm程と小さくても木本です。雪解け後の湿地などに生える高山植物です。白い花にたくさんの黄色い雄しべと雌しべが目立ちます。花後に、雌しべの花柱が伸びそこに毛が車輪状に生えます。その様子を「稚児車(チゴグルマ)」に例え名がついたようです。(「水辺の花コーナー」などに見られます)

 

野草園の貴重な桜、ミヤマカスミザクラが咲き始めました

投稿日:2019年5月8日

ミヤマカスミザクラ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ミヤマカスミザクラ(バラ科)

本種はミヤマザクラとカスミザクラの自然交配種で、両者の一部の特徴を引き継いでいる貴重な桜です。花序はミヤマザクラのように総状(1本の花軸から数本の花柄が交互に伸び花が付く)で丸い苞葉が目立ちます。5個の花弁はカスミザクラのように先が裂けています。(ミヤマザクラの花弁の先は丸く裂けていない)現時点では世界で1本しか見つかっていません。(「ひょうたん池」の西側に見られます)

 

 

ニワトコ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ニワトコ(レンプクソウ科)

落葉低木で下部からよく分枝し、枝は放物線を描くように伸びます。葉は奇数羽状複葉で、クリーム色の小さな花をたくさん咲かせます。そして初夏にはもう赤い小さな果実をたくさんつけています。 (「ひょうたん池」の西側などに見られます)

 

 

アイズシモツケ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アイズシモツケ(バラ科)

山地の日当たりの良い場所に生える落葉低木です。小花は径1cm程の白色の丸い花弁5個でつくられ、花弁より長い雄しべが目立ちます。小枝の先に小花が数個ずつ集まって付きます。名の由来は会津地方で発見されたことによるようです。 (「ロックガーデン」の北側の入口付近などに見られます)

 

 

タチカメバソウ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

タチカメバソウ(ムラサキ科)

山地の湿った場所に生育し、草丈20~40cmの多年草です。茎先に白い小花の総状花序を付けます。白い小花は花弁が5裂し中央部が黄色いです。葉の模様が亀の甲羅のように見えるから名がついたと言われます。(「深樹の小径」に見られます)

 

 

ツバメオモト

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ツバメオモト(ユリ科

葉は大きな長楕円形の根生葉で、つやがあり柔らかいです。葉の中心から花茎が立ち、先に白い6弁花の総状花序をつけます。花茎は始め低いのですが40~60cmまで伸びます。名前は、花後につける藍色の果実がツバメの頭の色に、葉がオモトの葉に似ているからついたようです。 (「薬草コーナー」の南側斜面に見られます)

 

 

サンカヨウ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

サンカヨウ(メギ科)

深山などの林内に生える多年草で、草丈が30~60cmです。下の葉は大きくフキの葉のような形で幅が20~35cm、上の葉は小さく無柄です。茎の先に白色の6弁花を数個付けます。花弁が水分を含むと半透明になりガラスのような感じになります。 (「深樹の小径」の登り口に見られます)

 

 

モミジイチゴ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

モミジイチゴ(バラ科)

山野の藪の中に白い5弁花を咲かせます。高さが1~2mになり茎や葉に刺があります。葉は卵形で3~5裂し、モミジの葉と似ているので名がついたようです。果実は黄色に熟す木イチゴで、果実酒やジャムなどに利用されます。(「ひょうたん池」の西側に見られます)

遅咲きのカスミザクラが満開

投稿日:2019年5月6日

満開のカスミザクラカスミザクラ2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カスミザクラ(バラ科

オオヤマザクラが咲き終わる頃にカスミザクラが咲き始めます。園内にたくさんある野生の桜で、赤い若葉と花が同時に見られ、花は白っぽくヤマザクラに似ています。しかし、花柄に毛があるのが特徴で、別名ケヤマザクラとも呼ばれます。名の由来は、山地に多く咲くため、周りの新緑と花が重なり、山に霞がかかったように見えるからだそうです。 (園内の所々に見られます)

 

 

カッコソウ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カッコソウ(サクラソウ科)

林の下などに生育する多年草で、葉は広円形でしわが多く、茎や葉や萼片には白い毛が密生しています。茎の先に径2~3cm程の花を数個輪生状に1~3段付けます。花は濃い紅紫色の深く5裂したハート形花弁で、中央は黄色です。その濃い色から「勝紅草」の漢字名がつけられたようです。 (「ハーブ園」の北側に見られます)

 

 

サクラソウ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

サクラソウ(サクラソウ科)

山地の湿り気の多い所に生える多年草で、花が美しいのでよく栽培され園芸品種も多いです。葉は楕円形でしわが多く縁は浅く切れ込んでいます。名前はサクラに似ているから付いたようです。しかし、5枚に見えるハート形の紅紫色の花弁は下の方がくっ付き筒状になっています。サクラソウは合弁花です。(「クリンソウの谷」の北側に見られます)

 

 

オサバグサ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

オサバグサ(ケシ科)

1属1種の日本固有の植物で針葉樹林の下などに生えます。葉は根生葉で、細かく羽根状に切れ込みシダ植物に似ています。いわゆる“くしの歯”の様になっています。名前は葉が機織りの“おさ”に似ていることからついたようです。花は白色の4弁花を下向きに総状に付けます。 (東トイレの南側のスギ林に見られます)

 

 

ヤマブキ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ヤマブキ(バラ科)

細い枝が根元から群がり立って横に伸び、緑色の細い小枝の先に山吹色(黄色)の5弁花を1個ずつ上向きに付けます。名前の由来は、細くしなやかな枝が風に揺れる様子から山振(やまふき)と名づけられたからのようです。(「アジサイロード」の南側などに見られます)

 

 

スモモ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スモモ(バラ科)

古くから栽培されている果樹で、直径5cm程の赤い果実を付けます。花は直径2cm程の白い5弁花で、萼片も5個、花柄が1.5cm程です。甘酸っぱい果実はジャムなどに利用されます。名の酸桃(すもも)の由来は果実の酸味が強いことによるようです。(「七草の庭」の東側に見られます)

 

 

イカリソウ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

イカリソウ(メギ科

太平洋側に多く分布し、山の林の中などに生える多年草です。花の色は淡い紅紫色で、花は下向きに開き、4個の花弁から伸びた長い距が四方に突き出して上の方に曲がっています。名前は花の形が船の碇に似ているので名づけられたようです。(「スワンヒルの庭」の北側などに見られます)