カレンダー

2018年9月
« 8月 10月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

カテゴリー

アーカイブ

観察日記

やっと一株咲きました白い羽状の花、サギソウ

投稿日:2018年9月1日

サギソウ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

サギソウ(ラン科)

湿地に生える草丈15~50cmの多年草で、高く伸びた茎の先端に1~3個の白い花をつけます。花径は3cm程で唇弁が大きく深く3裂し、中裂片は披針形、側裂片は扇形で縁が糸状に細かく裂けています。この唇弁の様子が、まるで白鷺(しらさぎ)が羽を広げて飛んでいるように見えることから名がつけられたようです。サギソウは日本原産の野生のランで、絶滅危惧種の1つになっています。 (「水辺の花コーナー」に見られます)

 

 

ヤブタバコ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ヤブタバコ(キク科)

藪や林の縁に生える草丈50~100cmの1~2年草です。茎の上部で長い横枝を放射状に伸ばす形が特徴です。茎の上部の葉の腋に1cm程の黄色い筒状花をつけます。名前は、葉がタバコの葉と似ているのでついたようです。 (「ロックガーデン」などに見られます)

 

 

シロヨメナ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

シロヨメナ(キク科)

山地の林縁や林に生え、高さ30~100cmになる多年草です。葉は短かい柄があって互生し、長楕円状披針形で先は鋭くとがり、基部はくさび形で、縁には大きな鋸歯があります。白色の花は径1.5~2cmで舌状花が11~15個、総苞は筒状です。そう果に長さ3~5mmの冠毛があります。(「ロックガーデン」の西側道路の側に見られます)

 

 

ツクバネソウの果実

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ツクバネソウの果実(シュロソウ科)

林の下に生育する多年草で草丈20cm程、6月初め頃、茎頂に4枚の葉を輪生させ、その中心に1つの花をつけました。今、花後につくられた黒い果実は名前の通り、羽子板でつく羽根つき玉に似ています。 (「薬草コーナー」の南側斜面に見られます)