開園日について

カテゴリー

アーカイブ

観察日記

昼間に開き、夕方にはしぼんでしまう淡い黄色のアキノノゲシ

投稿日:2018年8月26日

アキノノゲシ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アキノノゲシ(キク科)

日当たりの良い荒れ地や草地に生える草丈0.6~2mの1~2年草です。下部の葉は羽状に裂けますが、上の葉は小さくて全縁です。茎の上部に円錐状に淡黄色の花を数個付けます。花は昼間開き夕方にはしぼんでしまいます。 (「大平沼」の北側などに見られます)

 

 

ヌルデ*

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ヌルデ(ウルシ科)

北海道~九州の山野に生える落葉小高木で雌雄異株です。葉は奇数羽状複葉で見た目はウルシそっくりです。違いは葉軸にはっきりとした翼があることです。枝先に円錐花序を出し黄白色の小花を多数付けます。幹を傷つけると白色の樹液がしみ出し、これを器具などに塗ったことからヌルデの名がついたようです。ウルシのように樹液に触れてもかぶれないようです。 (「水辺の花コーナー」の南西側の道側に見られます)

 

 

リュウキンカ秋

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

リュウキンカ(キンポウゲ科)

湿地に生える多年草ですが、本園では春だけでなく秋にも咲きます。葉は丸い形をしています。黄色に見えるのは花弁状の萼片で花弁はありません。鮮やかな黄色が金色のように見え、立った茎に花をつけるので「立金花」と名付けられたようです。 (「クリンソウの谷」を流れる小川に見られます)

 

 

ナツエビネ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ナツエビネ(ラン科)

湿り気のある林下に生える草丈20~40cmの多年草です。葉は4~5枚が束生して立ち、葉のわきから花茎をのばし淡紫色の花を総状に付けます。側花弁は線形、唇弁は垂れ下がって3裂し、中裂片は大きく縁が波状で先端尖っています。名前は、エビネの仲間ほとんど春に開花するのに、本種は夏に開花するからだそうです。 (「花の草原」の西側に見られます)

 

 

 

 

 

 

渡り蝶のアサギマダラが訪れる秋の七草、フジバカマ

投稿日:2018年8月25日

~今日は博物館実習を受けに来ている大学生がブログを更新します~

 

8.24 フジバカマ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

フジバカマ (キク科)

秋の七草の一つです。葉は対生し、短い葉柄があり、茎の先に散房状に花をつけます。花は、雌しべの花柱は2つに裂けた筒状花が5つずつ集まり、それが多数集まっています。地下茎で増えるため、群集して生育します。9月になるとフジバカマの蜜を吸いに渡り蝶のアサギマダラが訪れます。名前の由来は花の形が藤色の袴に見えるからと言われています。(「七草の庭」などで見られます)

 

 

8.24 アケボノソウ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アケボノソウ(リンドウ科)

山野の湿り気のあるところに生える2年草で、茎は直立して枝分かれします。根生葉は長楕円形で長い柄があり、花が咲く頃にはもう枯れてしまいます。花は白く、深く5裂しているのが特徴です。一見して離弁花に見えますが奥のほうで繋がっているため、実は合弁花です。裂片には黄緑色の蜜腺溝が2個と濃緑色の斑点が多数あります。この白い花弁を明け方の空に、斑点を星々に見立てたことが、「曙草」の名前の由来となっています。(「水辺の花コーナー」などで見られます)

 

 

8.24 ノコンギク

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ノコンギク (キク科)

山野のいたるところに普通に見られる多年草で、地下茎を伸ばして増えます。茎はよく枝分かれし、短毛が密生し、葉も両面に短毛が生えざらつきます。花は、中心に黄色の筒状花が多数あり、まわりに淡青紫色の舌状花が1列に並びます。特に紫色の濃いものが選別されて、紺菊(コンギク)として観賞用に栽培されています。(「ナナカマドの森」西側などで見られます)

 

 

8.24 タムラソウ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

タムラソウ(キク科)

山地の草原などに多い多年草で、高さは1.1~1.5mにまで伸びます。葉は互生して羽状に深裂します。見える花は筒状花の集まりで、その下にある総苞の総苞片は細長い三角形のような形をしています。花や葉がアザミに似ていますが、トゲはなく感触も柔らかいようです。頭花は紅紫色で上向きにつき、雌しべの先がふたつに割れてそりかえる特徴があります。(「スワンヒルの庭」南側などで見られます)

イヌタデの仲間で最も背が高いオオケタデ

投稿日:2018年8月24日

オオケタデ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

オオケタデ(タデ科)

昔、日本に渡来した植物で、観賞用に植えられている高さ1~2mの大形の1年草です。直立した太い茎に、紅紫色の小花を穂状につけ垂れ下がります。小花の丸い5個の花弁状のものは萼片です。茎に毛が密生し、背が高いのでこの名がついたようです。 (「ハーブ園」の北東側に見られます)

 

 

ツルボ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ツルボ(キジカクシ科)

山野の日当たりの良い所に自生する多年草で、ニラに似た長線形の葉を出します。高さ20~40cmの花茎を立ち上げ、分岐せず茎の先に多数の小花を穂状につけます。小花は径7mm程の淡紅紫色の6弁花で平らに開き、雄しべと雌しべが突きだして見えます。そして下から上に咲いていきます。 (「ひょうたん池」の西側に見られます)

 

 

ボタンズル

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ボタンヅル(キンポウゲ科)

山野の日当たりの良い所に生え、木質化するつる性の多年草です。葉腋から花序を出し白色の花を多数つけます。4枚の十字形に広がった花弁に見えるのは花弁でなく萼片で、開いている多数の長い雄しべが目立ちます。名前は葉がボタンに似て、つる性であるからのようです。 (「藤棚」の北側に見られます)

 

 

ミョウガ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ミョウガ(ショウガ科)

東アジア原産で、地下茎を伸ばして成長する多年草です。地表に伸びているのは葉です。葉の下に地面から出てきた若芽から白い花が咲き出ています。それは花ミョウガと呼ばれ食用にされます。名は「芽香・女加(めが)」が訛ってミョウガになったと言われています。(「クリンソウの谷」の北東側に見られます)