カレンダー

2018年8月
« 7月 9月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031 

カテゴリー

アーカイブ

観察日記

マメ科ハギ属の花たちは皆「蝶形」

投稿日:2018年8月7日

ツクシハギ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ツクシハギ(マメ科)

日本固有のハギで、山地に生える高さ1~1.5mの落葉低木です。葉は3出複葉です。花は蝶形で、上にある旗弁(きべん)は白色で基部に紫色の筋があり、横にある翼弁(よくべん)は紫色、下の竜骨弁(りゅうこつべん)は白色で先が紫色です。 (「七草の庭」に見られます)

 

 

サルスベリ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

サルスベリ(ミソハギ科)

中国原産の落葉高木で、樹皮が剥がれなめらかな木肌が見られます。それが名前の由来、“猿も滑って落ちる”「猿滑り」になっています。花は、赤紫色の6個の花弁が縮れて波打ち、基部が柄のように細くなり、枝先につきます。 (「吉林の庭」に見られます)

 

 

ゲンノショウコ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ゲンノショウコ(フウロソウ科)

山野の草地や道端に生える多年草で、昔から下痢止めの薬草として有名です。煎じて飲めばたちまち実感することから「現の証拠」と薬効の表現から名づけられたそうです。径2cm程の花は、白紫色の花弁が5個で、濃紫色の脈(筋)が目立ちます。 (園内の所々に見られます)

 

 

カワラゲツメイ*

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カワラケツメイ(マメ科)

河原や道端などに生える高さ30~60cmの多年草です。葉は偶数羽状複葉で小葉は15~35対で先が尖ります。花は黄色で径7mm程、雄しべが4本あります。花後、果実は長さ3~4cmの黒紫色の豆果で茎先に付きます。葉や果実は健康茶として利用されます。(「薬草コーナー」に見られます)