カレンダー

2018年7月
« 6月 8月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031 

カテゴリー

アーカイブ

観察日記

夜になると葉を閉じて、朝になると開くネムノキ

投稿日:2018年7月14日

ネムノキ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ネムノキ(マメ科)

山地や原野、川岸などに生える樹高5~10mの落葉高木です。葉は大形の偶数2回羽状複葉で、名前のように夜になると葉を閉じてしまいます。枝先に10~20個の紅色の花を散形状に付け、花弁は小さく、花のように見えるのはたくさんの淡紅色の長い雄しべです。その中に白い糸状の雌しべも入っています。 (「中央広場」の東側など所々に見られます)

 

 

ガクアジサイ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ガクアジサイ(アジサイ科)

暖かい地方の山地などに生える背丈2m程の落葉低木です。葉は長卵形で厚くやや艶があります。茎先に大形の花序を付け、中心部は小さい青色の両性花が密集しています。周りは萼片が変化した4個の白い装飾花で、それが額縁のように見えるのでこの名がついたようです。 (「吉林の庭」などに見られます)

 

 

エゾノヨロイグサ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

エゾノヨロイグサ(セリ科)

山地の林縁などに生える多年草で、茎は紫色を帯び、背丈は2m以上にもなります。枝先に大きな複散形花序を付け、白色の小花を多数密に付けます。上部の葉は退化し、基部が(さや)状に膨らんでいます。 (「ロックガーデン」の登り口に見られます)

 

 

トモエソウ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

トモエソウ(オトギリソウ科)

山野の日当たりの良い草地に生える草丈1m程の多年草です。茎の断面は四角形で直立し分枝します。葉は葉柄がなく茎を抱いています。茎先に黄色い5弁花を付けますが、花弁が巴状にねじれてつくのが特徴です。花は1日花です。 (「クリンソウの谷」などに見られます)

 

 

キツリフネ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

キツリフネ(ツリフネソウ科)

山地の林内や林縁など、湿った半日陰地に生育する1年草で、草丈は50cm程です。葉の付け根から花茎を出し、黄色の花を釣り下げます。淡紅色のツリフネソウの距が巻いているのに対して、本種は距が伸びています。 (「クリンソウの谷」の西側に見られます)

 

 

コバギボウシ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コバギボウシ(キジカクシ科)

日当たりの良い山野の湿地に生える30~40cmの多年草です。葉は根生し、名前のようにオオバギボウシより小さく、葉の基部は翼状になって葉柄につながっています。淡紫色~濃紫色の筒状鐘形の花は長い花茎に横下向きに多数付け、下から順に咲いていきます。 (「ひょうたん池」の南側などに見られます)