カレンダー

2018年7月
« 6月  
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031 

カテゴリー

アーカイブ

観察日記

池の水面にたくさんの葉を浮かべ、黄色い花を咲かせるアサザ

投稿日:2018年7月10日

アサザの群生アサザ2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アサザ(ミツガシワ科)の群生

「水辺の花コーナー」の池の水面には、たくさんのアサザの葉が浮いています。アサザは池や沼の浅い所に生える多年生の浮葉植物で、花は1日花です。葉の脇から花茎を伸ばし、花径4cm程の黄色い花を水面の所々に開いています。花弁は5裂し、その縁は糸状に細かく裂けています。

 

 

ミソハギ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ミソハギ(ミソハギ科)

山野の湿地に生える多年草で、茎は直立して草丈が50~100cmです。葉は対生し、上部の葉腋(葉の付け根)に紅紫色の花を1~3個ずつ付けます。花は萼が筒状で花弁が6個です。名は禊ぎに使われる草花なので“禊ぎ萩”からついたようです。(「クリンソウの谷」などに見られます)

 

 

カライトソウ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カライトソウ(バラ科)

主に山の草原に自生し草丈1m程の多年草です。茎は上部で分岐し、葉の形が独特で、縁に波形のギザギザが入った楕円形です。茎先に15cm程の穂状の花序を付けます。これはたくさんの小花の集まりですが、花弁はなく長い紅紫色の雄しべだけが目立ちます。この雄しべを唐糸に見立てて名がつけられたようです。(「七草の庭」に見られます)

 

 

アオヤギソウ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アオヤギソウ(シュロソウ科)

山地の林の中や湿った草地に生える草丈50~70cmの多年草です。茎先に円錐花序(枝分かれして全体が円錐状に見える)を出し、花径1cmほどの黄緑色をした花をつけます。名前の由来は、花の色の青(緑)と葉の形(柳)からきています。 (「七草の庭」の西側の道の脇などに見られます)

 

 

ミヤマシャジン

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ミヤマシャジン(キキョウ科)

高山などの草地に生え、草丈20~40cmの多年草です。茎の先の方に花の総状花序を付けます。花は釣鐘形で淡青紫色、下向きに開き、先が5裂しています。名は深山のシャジン(シャジンはツリガネニンジンの漢名)です。 (「ロックガーデン」に見られます)

 

 

エリキャンペーン

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

エリキャンペーン(キク科)

ヨーロッパ原産で大人の背丈ほどになる大形の多年草です。和名はオオグルマで、茎頂に径10cm程の鮮やかな黄色の舌状花を咲かせます。根には強壮作用や殺菌作用があり薬用植物として利用されるそうです。 (「ハーブ園」に見られます)