カレンダー

2018年7月
« 6月  
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031 

カテゴリー

アーカイブ

観察日記

花は薄い紫色、果実も紫色のムラサキシキブ

投稿日:2018年7月7日

ムラサキシキブ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ムラサキシキブ(シソ科)

山野に生える高さ3m程になる落葉低木で、葉は対生し葉の付け根から散房花序を出し、多数の淡紫色の小さな花をつけます。雄しべが長く突き出て目立ちます。花後に紫色の小さな果実がつくられます。名前は「紫色のシキミ」が訛ったもので、“シキミ”とは重なる実のことのようです。 (「ミズバショウの谷」など所々に見られます)

 

 

キササゲ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

キササゲ(ノウゼンカズラ科)

落葉性高木で10m程の高さにもなり、葉は非常に大きいです。花は淡黄色の花弁で先が5裂し、広い漏斗形で内側に紫色の斑点があります。その花を枝に10個程、円錐状につけます。果実がササゲのような細長い形なので木にできるササゲという名がついたようです。 (「薬草コーナー」に見られます)

 

 

サボンソウ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

サボンソウ(ナデシコ科)

ヨーロッパ原産の草丈50cm程の多年草です。花は2cmほどの長い円筒形の萼の先に5個の花弁が横を向いて開きます。茎や葉をつぶして出てくる粘液質の汁は有毒のサポニンを多く含み、水と混ぜると石鹸のように泡立ちます。名のサボンはフランス語で「石鹸」の意味です。(「ハーブ園」の東側に見られます)

 

 

ホザキナナカマド

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ホザキナナカマド(バラ科)

里山の民家の庭先などに植えられる樹高2~3mの落葉低木です。葉は奇数羽状複葉で、枝先に10~20cmの円錐花序をつけます。雄しべの長い白色の5弁花を多数つけ、フワッとした感じです。 (「薬草コーナー」に見られます)

 

 

イヌトウバナ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

イヌトウバナ(シソ科)

山地の木陰に生える多年草で草丈20~50cmです。葉は対生し卵形で鋸歯があります。枝先の花穂に白色でやや淡紫色を帯びた小さな唇形花をつけます。萼は緑色で長い軟毛が多いです。(所々に見られます)