カレンダー

2018年6月
« 5月 7月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 

カテゴリー

アーカイブ

観察日記

開花期間の短い可憐な花、ベニバナヤマシャクヤク

投稿日:2018年6月7日

ベニバナヤマシャクヤク

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ベニバナヤマシャクヤク(ボタン科)

林下に生える多年草です。草丈40~50cmでヤマシャクヤクに似た丸い形の花を咲かせますが、色が紅紫色で葉の裏に軟毛が生えていることや、雌しべの先が曲がっていることが違います。開花期間が短いので花を見られたら幸運です。(「ミズバショウの谷」の東側の杉林に見られます。)

 

 

ガマズミ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ガマズミ(レンプクソウ科)

日当たりの良い山野や林縁に生える落葉低木です。葉は広卵形で葉脈が目立ち、縁は波状の鋸歯で、両面に毛があり触るとざらつきます。若い枝から散房花序を出し白い小さな花を多数つけます。名の由来は、ガマズミの酸っぱい赤い果実を“噛み酢実”と言い、それが訛ったようです。 (「ひょうたん池」の南西側などに見られます。)

 

 

バイケイソウ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

バイケイソウ(シュロソウ科)

山地の湿った草地に生え、直立した茎の高さは2m程にもなります。葉は大きく長楕円形です。1つの花は径2cm程の緑白色の6弁花ですが、それが集まって非常に大きな花穂になります。名前の由来は、花が梅の花に似ていて、葉がケイランに似ているからだそうです。 (「薬草コーナー」の南東側の林の下に見られます。)

 

 

ノアザミ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ノアザミ(キク科)

山野に生える多年草で草丈は1m程、アザミの仲間では花期が早いです。葉の縁に鋭い刺があり基部は茎を抱いています。花は紅紫色で上向き、すべて筒状花からなり、下の紫色の総苞は粘液を出すので触るとねばねばします。 (「大平沼」の北側に見られます。)

 

 

オルレアホワイトレース

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

オルレア・ホワイトレース(セリ科)

ヨーロッパ原産で草丈60cm程になる多年草です。茎頂に径10cm程の円形の花序をつけます。白い小花を大きな花弁の花が囲むという形の花序です。葉は細かい切れ込みがあり繊細な感じがします。 (「ハーブ園」などに見られます。)

 

 

ヒナマツヨイグサ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ヒナマツヨイグサ(アカバナ科

北米原産で、広く見られるようになりました。草丈は10~20cm、小さな葉はへら形で、茎の上部の葉と葉の間に黄色の小花をつけます。花の4個の花弁には筋が見られます。名の由来は花も背も小さいマツヨイグサのようだからだそうです。 (「中央広場」の西側花壇に見られます。)

 

 

ヤマウグイスカグラの果実*

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ヤマウグイスカグラの果実(スイカズラ科)

春、枝にピンク色の漏斗形の花をたくさんつけました。その花は今、甘くて真っ赤なグミのような果実になりたくさんぶら下がっています。(「マグノリア通り」に見られます。)

 

 

 

渡り蝶のアサギマダラを発見

投稿日:2018年6月6日

マルバダケブキとアサギマダラ1マラバダケブキとアサギマダラ2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

マルバダケブキの花の蜜を吸う渡り蝶のアサギマダラ

「ミズバショウの谷」で渡り蝶のアサギマダラ3頭を見つけました。黄色いマルバダケブキの花が群生している上を飛び回りながら、花の蜜を吸っていました。関西又は関東地方から北上してきたアサギマダラでしょう。雌のアサギマダラでしたので、これから園内もしくは園外のオオカモメヅルやイケマのような植物の葉に産卵し、一生を終えてしまうのでしょう。

 

 

エゾノチチコグサ*

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

エゾノチチゴグサ(キク科)

高山の乾いた草地に生える多年草です。背丈は5~25cmで、根生葉や茎には白い毛が生えています。茎先に桃色の小花の散房花序を付けます。花は筒状花の集まりで、花弁のように見えるのは総包片です。名前はハハコグサのように白い毛が生えているが、花は黄色でなく目立たないのでチチとついたらしいです。 (「ロックガーデン」に見られます。)

 

 

イブキジャコウソウ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

イブキジャコウソウ(シソ科)

海岸から高山まで広い範囲に生える小低木ですが、背丈が非常に低く草のようです。茎が地面を這って分枝します。花は淡紅色で小さな唇形花を多数つけます。名の由来は伊吹山に多く、芳香を出す(葉に芳香成分を出す腺点が多数ある)からのようです。 (「ロックガーデン」に見られます。)

 

 

イブキトラノオ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

イブキトラノオ(タデ科)

低山から高山帯に生える多年草で草丈1m程、分枝しないのが特徴です。茎頂に5cm程の円柱形の花穂を付けます。小花は白色~淡紅色です。名前は滋賀県の伊吹山に多く見られ、長い花穂を虎の尾に見立ててつけられたようです。 (「ロックガーデン」の北側に見られます。)

 

 

ナツハゼ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ナツハゼ(ツツジ科)

山地の林内や林縁に生える高さ1~3mの落葉低木です。緑白色で紅色を帯びる花が下向きに付く花序を枝先から横に出します。花は鐘形で先が浅く5裂し裂片が少し反り返っています。秋に黒く熟す果実は甘酸っぱくて食べられ、山形では「ヤカンコ」などと呼ばれています。 (「ツツジの丘」や「ロックガーデン」に見られます。)

 

 

ブタナ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ブタナ(キク科)

ヨーロッパ原産の多年草です。葉は根生葉で、花茎が50cm以上になります。上部で1~3に枝分かれしてタンポポのような黄色い花を付けます。名前の由来はフランスの俗名「ブタのサラダ」を訳したものだそうです。 (所々に見られます。)

 

 

キハダ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

キハダ(ミカン科)

山地の沢沿いの林内などに生育する落葉高木で、高さが20mにもなります。樹皮が灰黒色で縦長の溝があります。葉は対生で、奇数羽状複葉です。花は枝先に円錐花序を出し、小さな黄緑色の花を多数つけます。雄花と雌花があり、写真の雄花は雄しべが5個で目立ちます。名前の由来はこの樹皮をはがすと内皮が黄色をしているからです。(「クリンソウの谷」や大平沼の北側に見られます。)

 

林の中にピンク色のヒメサユリが一面に咲いています

投稿日:2018年6月5日

ヒメサユリの群生2ヒメサユリの群生3

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ヒメサユリの群生

主に新潟県、山形県、福島県に分布し、山地の草地に生える多年草です。日本特産のユリで、山形県では戸沢村と朝日町の花ともなっています。花はピンク色の花被片の中に黄色い葯の雄しべが目立ちます。園内では「ひょうたん池」の西側の林の下の草地に群生しています。

 

 

オオハナウド

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

オオハナウド(セリ科

山地に生える大形の多年草で、背丈が1~2m。葉は3出複葉で大きく、セロリのようです。枝先に多数の白い花をほぼ円形(複散形花序)に付けます。その花たちは外周部の花の方が大きく、特に花の外側の1花弁が大きくて深く2裂しています。 (「クリンソウの谷」の南側に見られます。)

 

 

フランスギク

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

フランスギク(キク科)

花はマーガレットとよく似ていますし、園芸種と思われがちですが野生の花です。ただし名の通り帰化植物です。葉はへら形で切れ込まず、基部が少し茎を抱く点や中心の筒状花が盛り上がる点がマーガレットと異なるところです。 (「吉林の庭」などに見られます。)

 

 

アヤメ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アヤメ(アヤメ科

アヤメの仲間は湿地を好むものが多いので、本種も湿地の花というイメージが大きいです。しかし、アヤメはやや乾燥した草地に生育します。花茎に1~3個の花を付け、3個の紫色の外花被片には黄色と紫色の網目模様があり、3個の紫色の内花被片は直立しています。(「花の草原」に見られます。)

 

 

エゴノキ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

エゴノキ(エゴノキ科)

雑木林などに生えている落葉小高木です。今年伸びた小枝の先端に白い花を下向きに数個ずつ付けます。花は5裂した白い花弁で雄しべの黄色い葯が目立ちます。枝は数多く分岐しているので、枝は花でいっぱいです。花後にできる果実は毒性があります。名前の由来は果実が“えぐい”(あくが強くいがらっぽい)味がする木であるからです。 (「マグノリア通り」などに見られます。)

 

 

ヤマボウシ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ヤマボウシ(ミズキ科)

各地の山野に自生する落葉高木で花や葉は「ハナミズキ」に似ています。白い花びらに見えるのは葉が変わった“苞”で、その中心にある淡黄緑色のものが花の集まりです。花弁と雄しべが4個雌しべが1個の小さな花が20~30個集合したものなのです。名前は花の集まりを法師(僧兵)の頭に、白い苞を頭巾に見立てたようです。 (「中央広場」などに見られます。)

 

 

ミヤマカラマツ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ミヤマカラマツ(キンポウゲ科)

山地の湿った林内や岩上などに生える多年草です。茎は高さ20~70㎝で、葉は2~3回3出複葉で柔らかいです。花は散房状花序で小さな白い花を多数つけます。1つの花は花弁がなく、萼片は開花するときに落ち、たくさんの雄しべの花糸が広がっています。名は深山に生えるカラマツソウの意味です。 (「深樹の小径」に見られます。)