カレンダー

2018年6月
« 5月 7月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 

カテゴリー

アーカイブ

観察日記

たくさんの小花がふっくらと咲いているように見えるスモークツリー

投稿日:2018年6月20日

スモークツリー 樹木スモークツリーの毛

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スモークツリーの木

「スワンヒルの庭」の中央には、まるでたくさんの淡紅紫色の小花がふっくらと咲いているように見える木があります。これは、花が終わり受粉しなかった花の花柄が長く伸びて、淡紅紫色の羽毛のようになったスモークツリーです。名前の由来のように煙がただよっている感じもします。

 

 

オニシモツケ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

オニシモツケ(バラ科)

山地の谷沿いなどに群生する高さ1.5m程の多年草です。葉は奇数羽状複葉ですが頂小葉だけが特に大きく掌状に5裂し、葉柄に付く托葉も大きいです。茎の先に多数の白い小花を密につけます。花弁は4~5個で花弁より長い雄しべが多数あり目立ちます。 (「クリンソウの谷」などに見られます。)

 

 

ママコナ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ママコナ(ハマウツボ科)

山地の林の下などに生える草丈30~50cmの1年草です。茎の先に花穂を出し、赤紫色の唇形花を付けます。その唇弁に2つの白い隆起があり、それを白い米粒に見立てて「飯子菜」の名がついたようです。 (「野草の丘」の頂上などに見られます。)

 

 

ヤマホタルブクロ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ヤマホタルブクロ(キキョウ科)

ホタルブクロと同じ仲間で、生育場所や大きさなどもほとんど同じようです。違いは本種の萼片の部分が反り返らずに膨らんでいる点です。この花が咲くと野草園でもそろそろホタルが現れます。 (いろいろな所に見られます。)

 

 

アワモリショウマ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アワモリショウマ(ユキノシタ科

九州~近畿地方の山地などに自生しますが、観賞用に庭園にも植えられる多年生草本です。茎の上部に円錐花序をつくり、淡紅色の小花を多数つけます。小花が泡を盛ったように多数つく姿に名前の由来があるようです。 (「七草の庭」に見られます。)

 

 

クロズル

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

クロヅル(ニシキギ科)

蔓(つる)の長さが数メートルにもなる落葉つる性の樹木です。つるは赤褐色で左巻きです。葉は卵形で浅い鋸歯があります。花は円錐花序を出し白い小花を多数つけます。小花は白い5弁花で、雌しべの緑色の花盤のまわりに5個の雄しべがついています。 (「ロックガーデン」に見られます。)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ホタルの出る頃に花が咲く、ホタルブクロ

投稿日:2018年6月19日

ホタルブクロ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ホタルブクロ(キキョウ科)

山野に生える草丈30~80cmの多年草で、茎の上部に長さ4~5cmの釣鐘状の花を釣り下げます。花の萼片の間には反り返った付属体があります。花色は関東では赤紫色が、関西では白色が多いそうです。本園には両方とも咲いています。名前は花にホタルを入れて遊んだことに由来するようです。 (「薬草コーナー」などに見られます。)

 

 

キョウガノコ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

キョウガノコ(バラ科)

コシジシモツケソウの栽培品種で、葉は深く掌状に裂け草丈80cm程です。茎頂に紅色5弁花の小花が密生した花序を付けます。花の長い雄しべがフワッとした感じをさせます。花の様子が京都の絞り染め「鹿の子絞り」に似ているため「京鹿の子」という名がついたようです。 (「薬草コーナー」などに見られます。)

 

 

サルナシ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

サルナシ(マタタビ科)

雌雄異株のつる性の落葉の植物です。花は白緑色の5弁花で下向きに咲きます。雌しべの細い糸のような白い花柱が広がり目立ちます。花後、緑黄色の果実は甘酸っぱく、毛のないキウイフルーツのようで動物の餌になります。 (「ロックガーデン」の南側に見られます。)

 

 

イイギリ(雌花)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

イイギリ(イイギリ科)

山地のやや湿った所に生育する落葉高木で、雌雄異株、高さが10~15mになります。長い柄のあるハート形の葉が枝先に集まってつきます。枝先に花序が垂れ下がり、花は萼片が5~6個で花弁がありません。雄株の雄花にはたくさんの雄しべがあります。雌株の雌花には丸くふくらんだ子房があり、その上に花柱が3~6個ついています。 (「スワンヒルの庭」で見られます。)

 

 

ヒぺリクム

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ヒぺリカム(オトギリソウ科

中央アジア原産で15~50cmの多年草です。葉は対生し、形は長楕円形です。茎先に濃い黄色の5弁花をつけます。花の黄色いたくさんの雄しべと雌しべの丸い子房が目立ちます。 (「スワンヒルの庭」の西側に見られます。)

 

 

ミヤマナルコユリ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ミヤマナルコユリ(キジカクシ科)

山野の林内に生える多年草で、草丈は30~60cmです。葉は楕円形で裏面は紛白色を帯びています。花柄は葉腋から出て葉に沿って湾曲し2つに分かれ長さ2cm程の白色筒状花をつけます。花被片は合着し、先が緑色を帯び、少し開きます。(「野草の丘」の林内で見られます。)

 

 

ハイイヌツゲ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ハイイヌツゲ(モチノキ科)

北海道と日本海側の多雪地に生育する常緑低木で、幹が地面を這って広がります。葉は小さく1cm程の楕円形です。雄花は散形花序に2~6個つき、淡黄緑色の花弁が4個、雄しべが4個あります。雌花は1個ずつ付き、花弁が4個、雄しべは退化して小さいです。(所々に見られます。)

 

 

 

 

梅雨の時期、湿地の美しい赤紫色の花、ノハナショウブ

投稿日:2018年6月17日

ノハナショウブ2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ノハナショウブ(アヤメ科)

山野の湿原等に生える草丈40~100cmの多年草で、線形の葉に中(ろく)(中央にある太い葉脈)があります。花は赤紫色の花弁に黄色の斑紋があります。花の形が似ているカキツバタは白色の斑紋ですので区別がつきます。 (「水辺の花コーナー」に見られます。)

 

 

シロバナヤエウツギ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

シロバナヤエウツギ(アジサイ科)

山野に見られる高さ1~2mの落葉低木です。枝先に円錐花序をつけ、花は長楕円形の白い花弁で八重咲き、下向きに開花します。木の枝が中空であることから「空木(うつぎ)」と名づけられたようです。 (「ロックガーデン」の登り口近くに見られます。)

 

 

シモツケ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

シモツケ(バラ科)

山地の日当たりの良い所に生える落葉低木で、背丈が1m程になります。枝先にピンク色の小花を散房状につけます。小花は5弁花で多数の長い雄しべが目立ちます。名は下野の国(現在の栃木県)でたくさん育てられ、その苗木が全国に広がって栽培されたことに由来します。 (「ナナカマドの森」の東の道路脇に見られます。)

 

 

ウメモドキ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ウメモドキ(モチノキ科)

湿った場所に生育する落葉低木で雌雄異株です。柄の短い花序に淡紅色の小さな花を数個ずつ咲かせます。葉の形や枝振りが梅と似ているのが名前の由来です。果実を楽しむには雌雄異株なので両方を植える必要があります。雌株の方に赤い果実が付きます。 (「ウランウデの庭」などに見られます。)

 

 

ペントステモン

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ペントステモン(オオバコ科

北米原産の多年草で草丈が60~80cmになります。花は淡紫白色、長い筒状で先が5裂します。名前のペントは5、ステモンは雄しべの意味(ギリシャ語)で、花の雄しべが5個あるように見えるから名がついたようです。 (「ハーブ園」の東側に見られます。)

 

 

コバンソウ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コバンソウ(イネ科)

ヨーロッパ原産の30~70cmの1年草で、明治時代に入ってきて群生化しています。数個の小さな花穂が細い糸状の柄の先に垂れ下がっています。初めは淡緑色で後に黄褐色になります。その小さな花穂が小判に似ているので名がついたようです。(「マグノリア通り」で見られます。)