カレンダー

2018年6月
« 5月 7月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 

カテゴリー

アーカイブ

観察日記

水面にたくさんの葉を浮かべ、黄色の花弁の縁が細かく裂けているアサザ

投稿日:2018年6月29日

アサザ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アサザ(ミツガシワ科)

池や沼の浅い所に生える多年生の浮葉植物です。水面に浮かぶ葉は楕円形で基部は心形、裏面は褐紫色を帯び、径は10cm程です。葉の脇から花茎を伸ばし、花径4cm程の黄色い花を水面に開きます。花弁は5裂し、その縁は糸状に細かく裂けているのが特徴です。名は浅い水辺に生えることから「浅く咲く」が転訛したらしいです。 (「水辺の花コーナー」に見られます。)

 

 

ヤマブキショウマ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ヤマブキショウマ(バラ科)

山地に生える背丈30~90cmの多年草で、雌雄異株です。葉は2回3出複葉で小葉は葉脈が平行に走り、ヤマブキの葉に似ているのでこの名があります。花は複数の総状花序を円錐状に出し、黄白色の小花を多数つけます。雄株は小花が多く派手ですが、雌株は小花が少なく地味です。 (「ロックガーデン」に見られます。)

 

 

タマガワホトトギス

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

タマガワホトトギス(ユリ科)

山地の湿った所に生える多年草で、葉の基部は茎を抱きます。茎の先に黄色で内側に紫褐色の斑点があるホトトギス特有の形の花が2,3個つきます。名前はヤマブキの名所“京都の玉川”の名を借りて黄色の意味を表したようです。 (「ロックガーデン」に見られます。)

 

 

タカネマツムシソウ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

タカネマツムシソウ(スイカズラ科)

高原の草地などに多い2年草で、マツムシソウよりは背が低く花は大きいようです。茎頂に菊に似た青紫色の花を付けます。花の中心部の多数の小花は筒状で5裂し、周りの小花は5裂しますが外側の裂片が大きいです。 「ロックガーデン」の頂上に見られます。)

 

 

オオコメツツジ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

オオコメツツジ(ツツジ科

山地に生える落葉低木で背丈は1m程、コメツツジに似ていますが、全体にやや大形で葉の3脈が目立つという違いがあります。枝先に白い小花を4~7個付けます。筒形漏斗形で4個の雄しべが長いです。 (「ロックガーデン」に見られます。)