カレンダー

2018年6月
« 5月 7月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 

カテゴリー

アーカイブ

観察日記

湿地に咲き誇るたくさんのカキツバタ

投稿日:2018年6月1日

カキツバタの群生1カキツバタの群生2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カキツバタの群生

湿地の「水辺の花コーナー」には青紫色のアヤメの仲間であるカキツバタが咲き誇っています。青紫色の花被片の花を付け、その中央に白色の斑紋があります。湿地に設置された木道を歩きながら見られます。近くには黄色い花のサワオグルマもたくさん咲いています。

 

 

ミヤコワスレ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ミヤコワスレ(キク科)

山地の木陰などに生える多年草で、ミヤマヨメナの園芸品種です。花は青紫色の舌状花で枝先に1~3個つけます。名前は、承久の乱に敗れ、佐渡に島流しされた順徳天皇の都恋しさをこの花の美しさによって慰められたという話からつけられたそうです。 (「ロックガーデン」の北側に見られます。)

 

 

オオナルコユリ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

オオナルコユリ(キジカクシ科

山地の林下に生える多年草でナルコユリより大形です。草丈は1mを超えるものもあり、平行脈の葉です。基部から徐々に曲がった茎に鳴子(板と竹筒と紐で作られた作物を鳥や獣に荒らされるのを防ぐ仕掛)のように2個対になった筒花を3~8個釣り下げます。筒花の先は浅く6裂して淡緑色です。 (「藤棚」の北側などに見られます。)

 

 

ハナニガナ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ハナニガナ(キク科)

山野に生える草丈40~70cmの多年草です。葉の基部は耳状になって茎を抱きます。茎の上部で枝分かれし、散房状に花をつけます。花は黄色の舌状花8~12個からなり暗褐色の雄しべの部分が目立ちます。 (所々に見られます。)

 

 

マルバタケブキ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

マルバダケブキ(キク科)

湿り気のある草地や林縁に生える草丈40~120cmの多年草で、葉はフキに似て長い柄があり丸い形です。茎の先に大きな黄色い花を付けます。中心に筒状花で周りに舌状花が10個程なので花弁が抜けたような感じの花です。 (「ミズバショウの谷」に見られます。)

 

 

チャイブ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

チャイブ(ヒガンバナ科)

アサツキに似ていますが、葉を更に細かくしたような小形のネギです。草丈30cm程で茎先にボール状の薄紫色の花序を付けます。その花序は小さな6弁花がたくさん集まったものです。 (「ハーブ園」に見られます。)

 

 

スモークツリー

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スモークツリー(ウルシ科)

中国~南ヨーロッパに分布し高さが4~5mになる雌雄異株の樹木です。径3mm程の淡緑色の目立たない花をたくさんつけます。雌株は花が終わると不稔花(受粉しなかった花)の花柄が長く伸びて羽毛のようになり、これを遠くから見ると煙や霞のように見えるから名前がついたようです。 (「スワンヒルの庭」の中央部に見られます。)

 

 

サンショウバラ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

サンショウバラ(バラ科

日本固有種で富士箱根地区の山地に自生します。幹は太く枝は分岐して屈曲し、鋭い刺があります。葉は奇数羽状複葉で名前の通りサンショウの葉に似ています。小枝の先端に径5~6cmの淡紅色の5弁花を付けます。花弁の先は少し波打っています。 (「ロックガーデン」に見られます。)