カレンダー

2018年5月
« 4月 6月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031 

カテゴリー

アーカイブ

観察日記

白いブラシのような花の集まりウワミズザクラ

投稿日:2018年5月6日

ウワミズザクラ満開ウワミズザクラ2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ウワミズザクラ(バラ科)

葉が開いた後に花が穂になって咲く(ブラシのようになって咲く)様子は、サクラとは思えない感じです。しかし花穂(総状花序)の個々の白い小花はサクラのように5弁花で、雄しべが長く花弁より突き出ています。良い香りもします。 (「クリンソウの谷」の北西側などに見られます。)

 

 

ウラシマソウ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ウラシマソウ(サトイモ科)

紫褐色のものは仏炎苞と呼ばれる葉の変形したもの、その中に花の集まり(肉穂花序)があります。その先端から付属体が釣り糸状に長く伸びているのが特徴です。それを浦島太郎の釣り糸と見立てて名がつけられたようです。若いうちは雄株で成熟すると雌株に性転換するそうです。 (「ひょうたん池」の西側に見られます。)

 

 

ニワトコ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ニワトコ(レンプクソウ科)

落葉低木で下部からよく分枝し、枝は放物線を描くように伸びます。葉が開いた後、クリーム色の小さな花をたくさん咲かせます。そして初夏にはもう赤い小さな果実をたくさんつけています。 (「ひょうたん池」の西側に見られます。)

 

 

アイズシモツケ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アイズシモツケ(バラ科)

山地の日当たりの良い場所に生える落葉低木です。小花は径1cm程の白色の丸い花弁5個でつくられ、花弁より長い雄しべが目立ちます。小枝の先に小花が数個ずつ集まって付きます。名の由来は会津地方で発見されたことによるようです。 (「ロックガーデン」の北側の入口付近に見られます。)

 

 

タチカメバソウ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

タチカメバソウ(ムラサキ科)

山地の湿った場所に生育し、草丈20~40cmの多年草です。茎先に白い小花の総状花序を付けます。白い小花は花弁が5裂し中央部が黄色いです。葉の模様が亀の甲羅のように見えるから名がついたと言われます。(「深樹の小径」に見られます。)

 

 

オオヤマフスマ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

オオヤマフスマ(ナデシコ科)

山地の草原や道端などに生える草丈5~15cmの小さな多年草で、葉は対生し長楕円形です。花は白色の5弁花で径1cm程です。かたまって咲いていることが多いです。 (「中央広場」の西側の花壇に見られます。)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

林の下にシラネアオイが一面咲いています

投稿日:2018年5月4日

シラネアオイの群生シラネアオイの群生2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

シラネアオイの群生

林の下に群生しているシラネアオイの花は、やや大きく清楚で目立ちます。日本固有種の1属1種の植物で、中部地方以北の多雪地に生える多年草です。茎の先に淡紅紫色の花を横向きにつけます。この花を好きな人が多いようです。(「ひょうたん池」の西側に見られます。)

 

 

ミツバツチグリ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ミツバツチグリ(バラ科)

山野に生える草丈15~30㎝の多年草です。横に伸びる茎を出し広がっていきます。花は花茎の先に十数個つき、黄色の5弁花です。花はキジムシロに似ています。根茎は太く肥大する部分が、「ツチグリ(土栗)」に似ており、葉は3小葉からなるので名づけられたようです。(所々に見られます。)

 

 

キジムシロ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

キジムシロ(バラ科)

山野に見られる多年草です。根生葉は5~9枚の小葉をもつ奇数羽状複葉で、一番先にある小葉がもっとも大きいです。花は黄色の花弁が5個で径1~1.5cmです。株の中央から四方に花茎を伸ばし円形に広がる姿を、キジ(雉)がすわるむしろ(蓆)に例えてつけられた名前です。(「薬草コーナー」や「ロックガーデン」で見られます。)

 

 

ヤマブキソウ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ヤマブキソウ(ケシ科

山野の林内に群生する多年草で草丈が30cm程です。花がヤマブキに似ているから名がついたようですが、花弁の数はヤマブキの5個に対して4個、葉の形も違い同じ仲間でないことがわかります。鮮やかな黄色がきれいです。(「薬草コーナー」の東側に見られます。)

 

 

ミツガシワ*

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ミツガシワ(ミツガシワ科)

山地の湿地や沼に生える1属1種の多年草で、泥中に太い根茎があり、長柄についた3枚の葉が「三ッ柏」の紋に似ていることから名がついたようです。花茎を立て、白い小花を総状に付けます。白い小花は深く5裂し、花弁の内側には縮れた毛を密生します。 (「ミズバショウの谷」の北側に見られます。)

 

 

ヤマツツジ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ヤマツツジ(ツツジ科)

北海道から九州まで広く分布し、山や林内の日当たりの良い場所に生育します。半常緑低木で、枝や葉裏の葉脈に毛があります。朱色をした漏斗型の花は5裂し、花弁の内側に濃紅色の斑点があります。雄しべは5個で、枝先に2~3個ずつ咲かせます。 (「ツツジの丘」や「マグノリア通り」などに見られます。)

 

 

 

アズマシャクナゲが満開の「シャクナゲの丘」

投稿日:2018年5月3日

アズマシャクナゲの満開アズマシャクナゲ2*

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

満開のアズマシャクナゲ

「野草の丘」の北側にある「シャクナゲの丘」ではアズマシャクナゲが見頃です。枝先に白色と淡紅色の花が咲き誇っています。側には東屋があり、座ってゆっくりと眺められます。また園内の「吉林の庭」にはハクサンシャクナゲも生育しています。

 

 

ツバメオモト

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ツバメオモト(ユリ科

葉は大きな長楕円形の根生葉で、つやがあり柔らかいです。葉の中心から花茎が立ち、先に白い6弁花の総状花序をつけます。花茎は始め低いのですが40~60cmまで伸びます。名前は、花後につける藍色の果実がツバメの頭の色に、葉がオモトの葉に似ているからついたようです。 (「薬草コーナー」の南側斜面に見られます。)

 

 

サンカヨウ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

サンカヨウ(メギ科)

深山などの林内に生える多年草で、草丈が30~60cmです。下の葉は大きくフキの葉のような形で幅が20~35cm、上の葉は小さく無柄です。茎の先に白色の6弁花を数個付けます。花弁が水分を含むと半透明になりガラスのような感じになります。 (「深樹の小径」の登り口に見られます。)

 

 

メギ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

メギ(メギ科)

高さは1~1.5mで平たい球形の樹形をつくる落葉低木です。株元から幹をたくさん出し、細かく枝分かれして茂ります。枝の各節に1~3本トゲが生えます。葉が開く頃、小さな黄緑色の花が2~4個ずつ下向きに垂れ下がるようにたくさん付きます。秋になると小さな果実が真っ赤に熟します。 (「ロックガーデン」の登り口に見られます。)

 

 

ヤマモミジ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ヤマモミジ(ムクロジ科)

日本海側の多雪地帯の山地に多く生え、高さ5~10mになる落葉高木です。葉は対生し、葉の基部が心形で掌状に5~9裂します。裂片の先は尾状にとがり、縁には不ぞろいの重鋸歯があります。径4~6mmの小花は複散房花序で、花弁が5個の黄色~淡紅色の花を開き、雄花と両性花があります。花後の翼果は長さ約2cmでやや鋭角または鈍角に開きます。(所々に見られます。)

 

 

モミジイチゴ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

モミジイチゴ(バラ科)

山野の藪の中に白い5弁花を咲かせます。高さが1~2mになり茎や葉に刺があります。葉は卵形で3~5裂し、モミジの葉と似ているので名がついたようです。果実は黄色に熟す木イチゴで、果実酒やジャムなどに利用されます。 (「ひょうたん池」の西側に見られます。)