カレンダー

2018年5月
« 4月 6月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031 

カテゴリー

アーカイブ

観察日記

ユリ科の乙女の花、ヒメサユリ

投稿日:2018年5月30日

 

 

ヒメサユリ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ヒメサユリ(ユリ科)

主に新潟県、山形県、福島県に分布し、山地の草地に生える草丈30~50cmの多年草です。ヒメサユリはササユリに似ていますが、背丈が低く、葉は短くて幅が広いことや、雄しべの葯が黄色く、花被片の先が大きくそらないなどの違いがあります。別名はオトメユリです、可憐さがあるので名がついたようです。 (「ひょうたん池」の西側に見られます。)

 

 

ハクウンボク

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ハクウンボク(エゴノキ科)

山地に生える落葉小高木です。葉はほぼ円形で大きく小さな鋸歯があります。1年目の枝に白い花を20個程総状につり下げます。花は白い花弁が5裂し黄色い葯の雄しべが目立ちます。また2年目の枝の表皮が縦に割れはがれ落ちるのも特徴です。名前は白い花の総状花序を白い雲に見立ててつけられたようです。 (「アジサイロード」などに見られます。)

 

 

ギョウジャニンニク

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ギョウジャニンニク(ネギ科)

長さ20~30cmの葉は長楕円形で2~3枚根生します。高さ40~70cmの茎の先に淡黄白色の小さな花を散形状にたくさん付けます。花は花弁が6個で雄しべが長く突き出ています。名の由来は全草に強いニンニク臭があるからです。(「スワンヒルの庭」の北側に見られます。)

 

 

コマクサ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コマクサ(ケシ科)

高山植物で中部地方~北海道の高山帯に自生します。花茎は10~15cmで、馬の横顔に見える形の花は長さが2cm程、花弁は外側に2個内側に2個あります。白い粉を帯びた根生葉は細かく裂け、パセリの葉のようです。 (「ロックガーデン」の頂上に見られます。)

 

 

ジシバリ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ジシバリ(キク科)

細長い茎が地面を這い、所々で根を下ろして増え、まるで地面を縛るように見えることから名がついたようです。花茎は上部で枝分かれをし、1~3個の黄色い花をつけます。タンポポに似ていますが、花びらのように見える舌状花の数はそれより少ないです。根元から生える葉には長い柄があり、円形ないし広い楕円形です。(「吉林の庭」などに見られます。)

 

 

カラコギカエデ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カラコギカエデ(ムクロジ科)

寒い地方に自生し、少し高い山地ではよく見かけるカエデで、雌雄同株です。一つの花序に雄花と両性花が混じります。葉は粗い重鋸歯で原則3裂しますが、不分裂葉も結構多いようです。(所々に見られます。)

 

 

コゴメウツギ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コゴメウツギ(バラ科)

明るい林内に生える落葉低木で、葉は浅く3つに裂けた形で裏面は淡白緑色です。散房状の花序に白い花をつけます。名前は、小さいので米粒に例えられ、ウツギの花に似ているのでつけられたようです。(「ツツジの丘」の西側に見られます。)

 

 

エニシダ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

エニシダ(マメ科)

常緑の低木で、前年の枝の葉の脇に1つずつ鮮やかな黄色の蝶形の花をつけます。満開になると枝いっぱいに蝶が群がるような感じになります。葉は3出複葉で3枚の小さな葉の形は倒卵形です。枝は緑色でよく分かれ、先は弓のように垂れ下がります。(「吉林の庭」に見られます。)