カレンダー

2018年5月
« 4月 6月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031 

カテゴリー

アーカイブ

観察日記

鶏冠状の突起がある淡紫色の花、ヒメシャガ

投稿日:2018年5月15日

ヒメシャガ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ヒメシャガ(アヤメ科)

山地の林下などで生育する多年草です。草丈が20~30cm、葉は先が尖った線形で、花径4cm程の淡紫色の花を付けます。花弁の中央は白色で、そこに紫色の脈と黄色の斑点があり、鶏冠状の突起があります。花がシャガに比べ小さいのでこの名がついたようです。 (「ロックガーデン」や「クリンソウの谷」などに見られます。)

 

 

ベニサラサドウダン

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ベニサラサドウダン(ツツジ科

落葉低木で葉は枝の先の方に集まってつきます。花は釣鐘形で下向きにつり下がり、色は薄紅色で濃赤色の筋が入ります。同じ仲間のサラサドウダンに比べて花はやや小さく、花色は濃いです。 (「中央広場」の西側に見られます。)

 

 

ツクバネウツギ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ツクバネウツギ(スイカズラ科)

山野の日当たりの良い場所に生える落葉低木です。花は2個ずつ付き、いっぱいに開いた5枚の萼片が、羽根つきの羽根に似ていることが名前の由来です。花は白く釣鐘形で内側に橙色の編み目模様の網状紋が目立ちます。 (「ロックガーデン」などに見られます。)

 

 

ツリバナ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ツリバナ(ニシキギ科)

山野の林内に生育する落葉低木で、枝から長い柄のある花序を釣り下げることが名の由来になっています。花弁が5個の淡緑色の小さな花で目立ちません。しかし、秋になると真っ赤な果実が長い柄にぶら下がり目立ちます。やがて赤い果実は5裂して、橙色の薄い皮で包まれた種子をぶら下げます。 (「クリンソウの谷」の北西側に見られます。)

 

 

アマドコロ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アマドコロ(キジカクシ科)

山野の草地などに生える多年草で草丈30~60cm、茎は6本の稜があり、触れると少し角張った感じがします。葉腋から白色の筒状の花が1~2個ずつ垂れ下がって、数個付きます。花の先の方は緑色を帯び浅く6裂しています。 (「ミズバショウの谷」の北東側に見られます。)

 

 

ムラサキサギゴゲ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ムラサキサギゴケ(ハエドクソウ科)

湿り気のある水田のあぜなどに生える多年草です。根生葉の間から細長い、横に這う茎を伸ばして広がります。高さ10~15cmの花茎をのばし、紅紫色の花をつけます。花は唇形で上唇は小さく、下唇は大きく3裂し、その中央が2列にもり上がり黄褐色の斑点があります。名は花の形が鷺の頭を見え、草の姿が苔のように見えることからつけられたようです。(所々に見られます。)

 

 

ハナイカダ雄花

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ハナイカダ(ハナイカダ科)

山地に生える落葉低木で雌雄異珠です。葉の表面の主脈の中央付近に淡緑色の花をつけます。雄花は数個集まってつき(写真)、雌花は通常1個、まれに2~3個つきます。名前の由来は花を乗せた葉をいかだ(筏)に例えたようです。 (「ロックガーデン」などに見られます。)