カレンダー

2018年5月
« 4月  
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031 

カテゴリー

アーカイブ

観察日記

釣鐘形のサラサドウダンが開花

投稿日:2018年5月12日

サラサドウダン

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

サラサドウダン(ツツジ科)

ドウダンツツジの仲間では寒さに強く、最も北の地方にまで分布するそうです。花は淡紅白色の花弁に紅色の立縞があります。この更紗模様が名の由来です。花は枝先に数個ずつり下がり釣鐘形です。花弁は浅く5裂し、雄しべが10個、雌しべが1個、萼片は深く5裂しています。 (「中央広場」の西側や「ツツジの丘」に見られます。)

 

 

サルメンエビネ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

サルメンエビネ(ラン科)

エビネの仲間では最も北の地方まで生える多年草です。背丈が20~40cmの花茎に10個程の小さな花をつけます。名前の由来は、エビネの地下茎が海老に似ているから。花の唇弁が赤褐色で縮れており、それを猿の顔に見立ててつけられたようです。 (「花の草原」の西側に見られます。)

 

 

キタマムシグサ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

キタマムシグサ(サトイモ科)

山地の林の下に生える草丈30~80cmの多年草で雌雄異株です。花のように見えるのは仏炎苞で緑色、白い筋が入り筒口部が少し曲がって耳状となっています。中にある付属体の下に、雄株には雄花序が、雌株には雌花序があります。初めは雄株ですが、大きく成長すると雌株になります。 (「ひょうたん池」の西側に見られます。)

 

 

キンギンボク

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

キンギンボク(スイガズラ科

山地に自生する落葉低木で、葉のつけ根から短い柄を出して2個ずつ花をつけます。花は咲き始めが白色で後に黄色くなります。黄色と白色の入り交じる様子を金と銀に例えて名前がついたようです。ひょうたん形の赤い実をつけるので別名「ヒョウタンボク」とも言いますがその実は有毒です。 (「クリンソウの谷」の北西側に見られます。)

 

 

ユキザサ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ユキザサ(キジカクシ科)

山地の林の中などに自生する多年草で、草丈20~70cm、葉は広い卵形で先が尖り、葉脈が明瞭で笹の葉に似ています。花茎の先に円錐花序を出し6弁の白い小花を多数つけます。それを雪に例え「雪笹」と名がついたようです。 (「薬草コーナー」の南側の斜面に見られます。)

 

 

フデリンドウ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

フデリンドウ(リンドウ科)

春に咲く小さなリンドウで、茎の高さが5cm程、その先に1cm程の青紫色の花を数個付けます。花は上向きに咲き日光が当たると開き、雨天や夕刻では閉じてしまいます。名前は、花が閉じたときの形が筆の穂先に似ているのでついたようです。 (「ひょうたん池」の西側などに見られます。)

 

 

 

クルマバソウ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

クルマバソウ(アカネ科)

草丈が10~30cmの林内などに生える多年草です。直立する茎に白色の小花をまばらにつけます。その茎に柄のない細長い葉を6~10枚放射状に輪生し、それが車輪のように見えるから、車葉の名がつけられたようです。 (「吉林の庭」に見られます。)