カレンダー

2018年4月
« 3月 5月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30 

カテゴリー

アーカイブ

観察日記

日本特産1属1種のシラネアオイが開花

投稿日:2018年4月26日

シラネアオイ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

シラネアオイ(キンポウゲ科)

日本特産の1属1種の植物で、中部地方以北の多雪地に生える多年草です。茎の先に淡紅紫色の花を横向きにつけます。淡紅紫色の花弁に見えるのは4個の萼片で、多数の雄しべと2個の雌しべがあります。名の由来は日光の白根山に多く生え、花がタチアオイに似ているからです。 (「ひょうたん池」の西側などに見られます。)

 

 

カスミザクラ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カスミザクラ(バラ科

オオヤマザクラが咲き終わる頃にカスミザクラが咲き始めます。カスミザクラも赤い若葉と花が同時に見られ、花は白っぽくヤマザクラに似ていますが、花柄に毛があるのが特徴です。名の由来は、山地に多く咲くため、周りの新緑と花が重なり、山に霞がかかったように見えるからだそうです。 (園内の所々に見られます。)

 

 

アズマシャクナゲ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アズマシャクナゲ(ツツジ科

東北や関東等の東国に分布するのでこの名があります。革質の葉が枝先に集まって付き、葉の裏が灰褐色の真綿状の軟毛があるのが特徴です。花弁が5裂した花も枝先に数個ずつ咲かせます。園内には白いアズマシャクナゲも咲いています。 (「シャクナゲの丘」に見られます。)

 

 

オオカメノキ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

オオカメノキ(レンプクソウ科

ウサギの頭のような形をした冬芽が成長し、ガクアジサイのような形の花が咲きます。花の中心部には小さな両性花が集まり、その周りに白い装飾花があります。名の由来は葉が大きな亀の甲羅に似ているからです。別名ムシカリと言います。 (「スワンヒルの庭」の西側などに見られます。)

 

 

ヒメヅルニチニチソウ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ヒメツルニチニチソウ(キョウチクトウ科)

茎は蔓(つる)となり細長く横に張り、花のつく茎は短く直立します。淡紫色の花は5裂して平らに開き、花弁は扇風機の羽根のように重なっています。ニチニチソウより全体的に小さく、一日花です。 (「ロックガーデン」の北側の登り口に見られます。)

 

 

トウゴクマムシグサ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

トウゴクマムシグサ(サトイモ科)

山地の林の下に生える多年草で雌雄異株です。花のように見えるのは仏炎苞で緑色~紫色、筋が入り筒口部少し曲がって耳状となっています。中にある付属体の下に、雄株は雄花序が、雌株には雌花序があります。この雌花序が秋になると成熟し赤い果実になります。 (「ひょうたん池」の西側に見られます。)