カレンダー

2018年4月
« 3月 5月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30 

カテゴリー

アーカイブ

観察日記

野生種のサクラが次々と満開

投稿日:2018年4月24日

オオヤマザクラ群生2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「野草の丘」のサクラたち

野草園には19種程の桜があり、そのうち14種が野生種の桜です。今年の春は暖かいので、例年より1週間ほど開花が早く、それらの桜が次々と咲いています。早く咲いたものはもう赤っぽい葉桜になっています。遅咲きの桜も5月に入るとすぐ咲くでしょう。「野草の丘」の東側に咲く桜の下ではお客さんたちが座りながら花見をしていました。

 

 

ミネザクラ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ミネザクラ(バラ科)

サクラの仲間では最も標高の高い所に生育し、そのため名が「峰桜」です。落葉小高木で幹は基部から枝分かれします。葉が出るのとほぼ同時に白い5個の花弁の花を下向きに2~3個くっ付いて咲かせます。別名タカネザクラです。 (「ロックガーデン」の頂上に見られます。)

 

 

ヤマザクラ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ヤマザクラ(バラ科

西日本の山野に多く、花が咲くのと同時に赤みを帯びた若葉も開きます。花は白色か淡紅色の5弁花ですが、園内の多くがオオヤマザクラなので、花弁はそれより白っぽいです。また花柄の上に3つ程の小花柄がありその上に花が付いているつくりです。 (「ひょうたん池」の東側に見られます。)

 

 

ベニシダレ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ベニシダレ(バラ科)

エドヒガンの園芸種の枝垂れ桜です。花は白色、淡紅色と種類があります。枝が長く伸びて垂れ下がりそこにたくさんの花がつきます。花弁は5個、母種の一つがエドヒガンなので、花の萼筒が球形で、葉も後から開きます。 (「吉林の庭」に見られます。)

 

 

ヤエベニシダレ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ヤエベニシダレ(バラ科)

エドヒガンの園芸種のサクラの1つです。花は八重咲きで濃い紅色をしたシダレザクラです。葉は開花後に開きます。1つの花の花弁は15~20個で、雄しべと雌しべの数は一重咲きのものとさほど変わらないです。 (「吉林の庭」に見られます。)

 

 

ハシリドコロ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ハシリドコロ(ナス科)

花は釣鐘形で花弁の先が浅く5裂し、外側が暗紫色、内側が淡黄緑色です。萼片は緑色です。葉と地下茎に猛毒を含み、これを食べると神経に作用して幻覚症状をおこし苦しんで”走り回る”ことから名がついたようです。 (「藤棚」の西側に見られます。)