カレンダー

2018年4月
« 3月 5月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30 

カテゴリー

アーカイブ

観察日記

野草園の梅が開花

投稿日:2018年4月17日

コウバイハクバイ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ウメ(バラ科)

一般に梅の花は3月頃に、葉が開く前に咲きますが、本園の梅の花「紅梅:コウバイ」(写真左)、「白梅:ハクバイ」(写真右)は4月中旬に咲きます。花弁は淡紅色、白色で丸みがあり5個です。梅の花のつくりは桜と似ていますが、花柄がほとんど無く枝にくっ付いているように見えます。(「吉林の庭」の南西側に見られます。)

 

 

キバナノアマナ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

キバナノアマナ(ユリ科

少し湿った草地などに生える多年草で、群生はせず平べったい線形の葉をつけます。花茎を10cm程伸ばして先端に3~5個の淡黄色の花をつけます。花は花茎2.5cm程で花被片6個と雄しべ6個です。ユリ科なので鱗茎(地下茎)があり、甘みがあるのでこの名がつけられたようです。 (「スワンヒルの庭」の北側に見られます。)

 

 

ハウチワカエデ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ハウチワカエデ(ムクロジ科)

房状の花を数個ずつ付けます。紅紫色のものは萼片で長さは7mm程、花弁は萼片より短く淡黄色、葯が黄色い雄しべが8個あります。雌雄同株で花序に雄花と両生花が付いています。葉は、「羽団扇楓」と名がつけられたように大きく、秋には鮮やかに紅葉します。 (「ボルダーの庭」の東側などに見られます。)

 

 

タムシバ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

タムシバ(モクレン科)

日本海側の山地に多く、葉に先立ってコブシに似た香りの良い白い花を咲かせます。コブシと違って花の下に葉はありません。花弁は6個で、外側に3個の小形の花弁のような白色の萼片があります。花の下を包んでいる褐色の芽鱗はもうすぐ落ちます。 (「ロックガーデン」に見られます。)