カレンダー

2017年10月
« 9月  
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031 

カテゴリー

アーカイブ

観察日記

黄色の外皮と赤橙色の仮種皮のコントラストが見事……「ツルウメモドキ」

投稿日:2017年10月9日

ツルウメモドキの実

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ツルウメモドキの果実(ニシキギ科)
雌雄異株の落葉つる性木本で、樹木などに絡んで長さ数mに達します。花は直径6〜8mmの黄緑色で目立ちません。花後の果実は直径7〜8mmの球果となり、黄色の外皮が3裂して赤い仮種皮に包まれた種子が顔を出します。赤い仮種皮はニシキギ科の特徴で、冬の落葉樹の枝を美しく彩って賑やかにします。                                (園の入り口近辺などに見られます。)

 

 

クサギクサギの実

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

クサギの果実(シソ科)
林縁等に生える落葉小高木で、夏に芳香のある白花を咲かせていました(左写真)。花後の果実は藍色の液果で、濃紅色の星形の物は肥大した萼片です(右写真)。見事な藍色をした果実は径6~7mmで、貴重な“青色の染料”の材料となり、萼も淡紅灰色の染料として利用できます。星形の萼と、藍色の実のコントラストがとてもきれいです。        (「大平沼」周囲などに見られます。)

 

 

オトコエシオトコエシの実

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

オトコエシの果実(スイカズラ科)
オミナエシに姿形がそっくりですが、花の色は白く、姿が逞しいので“おとこ”の名が付きました(左写真)。果実は長さ3mm程の倒卵形で、周りが翼状になっています。茎の高さは60~100㎝、羽状に裂けた葉は対生します。  (「アケビ・マタタビのトンネル」付近などに見られます。)

 

 

ツタウルシ紅葉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ツタウルシの紅葉(ウルシ科)
落葉性のツル植物で、気根を出して他の樹木の幹などをよじ登ります。地面を這っていることもあり、うっかり座るとお尻がかぶれてしまったりするので要注意です。本種は周囲の樹木と比べてもいち早く紅葉し、その紅葉は他のウルシ属と同様に美しく鮮やかです。互生する葉は羽状複葉ではなく、3枚1セットの葉です。             (「水辺の花コーナー」等に見られます。)