カレンダー

2017年10月
« 9月 11月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031 

カテゴリー

アーカイブ

観察日記

薄暗い林床で、赤い実が目立ちます。……「トウゴクマムシグサ」

投稿日:2017年10月3日

◆◆ 今回は、果実や果柄などを紹介します。 ◆◆

 

トウゴクマムシグサの実

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

トウゴクマムシグサの果実(サトイモ科)
まるでトウモロコシの様な外形の果実は、初めは緑色ですが、だんだん熟して赤くなっていきます。「全草にシュウ酸カルシウムの針状結晶を持ち、サポニン、コニインが含まれる。特に球根の毒性が強く、その汁に触れると炎症を起こす。」ということで、果実には毒性があるようです。中には種が3つ入っています。園内には、他に「キタマムシグサ」が生育しています。                   (「大平沼」東側に多く見られます。)
 

 

アクシバ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アクシバの果実(ツツジ科)

高さ50~100cmの落葉低木。葉腋から長い花柄を伸ばして1個の花を下向きにつけます。花はウリノキの花と少し似ていて、4裂した花冠が外側にクルリと巻き込みます。葉の陰に垂れ下がって見える果実、径5mm程の球状の液果で、赤く熟すと薄甘くて食べられるようになります。           (「ロックガーデン」に見られます。)

 

 

マノミズキの枝

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

クマノミズキの果実と果柄(ミズキ科)
山地に生育し、10m程の高さにもなる落葉高木で、白い小花の散房花序の後に、青黒い果実を付けます。果実は核果、直径5mmの球形です。果実より目立つのが“果柄”で、段々と赤味を増し、まるで樹の上に細い“サンゴ”が並んでいるように見えます。果実の黒と果柄の赤のコントラストが見事です。地面に落ちた果柄は、まるでサンゴです。  (「ナナカマドの森」などに見られます。)

 

 

コナラとミズナラ果実

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コナラ・ミズナラの果実(ブナ科)
コナラ(左)もミズナラ(右)もクヌギとは違い、真ん丸なドングリではなく少し細長いドングリを付けます。また“帽子”とか“椀”と呼ばれる「殻斗(かくと)」の部分は、クヌギのように反り返ってモシャモシャではなく、すっきりした“ベレー帽”のようになっています。コナラはミズナラより細長く縞模様が目立ちミズナラより黒っぽい茶色をしています。   (「大平沼周辺」など、近くでも見られます。)