カレンダー

2017年8月
« 7月 9月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031 

カテゴリー

アーカイブ

観察日記

まさに白サギが飛ぶ姿の花……「サギソウ」

投稿日:2017年8月23日

サギソウ

サギソウ(ラン科)

湿地に生育する、高さ15~50㎝の多年草。花径は3cm程唇弁が大きく3裂し、中裂片は披針形で(首に見える部分)、側裂片は扇形で縁が細かく裂けます(翼に見える部分)。他の2個の花弁は小さく直立し、後方には長い距があります。         (「水辺の花コーナー」に見られます。)

 

 

 

マルバハギ (2)

マルバハギ(マメ科)

葉は3出複葉で、小葉が楕円形で先が尖らずに丸いことが名の由来になっています。長さ1.5cm程の蝶形花で、旗弁は紅紫色、翼弁は濃紫色、竜骨弁は紫色です。花序が葉の長さよりも短く、萼の先が針状に尖る特徴があります。   (「ナナカマドの森」近辺等に見られます。)

 

 

 

オオケタデ

オオケタデ(タデ科)

観賞用に古く日本に渡ってきた1年草。丈は2mにもなり、葉は大型で卵状心形葉にも茎にもビロード状の毛があります。穂状花序を作っている小花は紅色で、花径は6~7mm花冠は5裂しています。茎が太く大きく、全体に毛が多いのが名の由来です。        (「ハーブ園」近くに植栽しています。)

 

 

 

ワレモコウ②

ワレモコウ(バラ科)

山野に普通に生育する、高さ70~100cmの多年草。葉は小葉が長楕円形の奇数羽状複葉で、花序は暗紫色の小花が楕円球を形作っています。小花1つ1つは花弁が無く、4枚の萼片が花弁のように見えます。小花は上から下へと開花していきます。     (「花の草原」に植栽しています。)