カレンダー

2017年8月
« 7月  
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031 

カテゴリー

アーカイブ

観察日記

とても小さいけれども、美しい桃色の花……「オオミゾソバ」

投稿日:2017年8月8日

オオミゾソバ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

オオミゾソバ(タデ科)

水辺に生える、高さ50~90cmの多年草。特徴はホコ形をしている葉牛の顔に見えるので、別名「ウシノヒタイ」と呼ばれる事、更に葉柄には狭いけれども明らかな翼があり、茎には下向きのトゲがある事です。枝先に付く花は径5mm程度で、花被片(萼)は5枚あり、桃色で美しい花です。     (「クリンソウの谷」等に見られます。)

 

 

 

ソバナ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ソバナ(キキョウ科)

高さ50~100cmの茎先に、まばらな円錐花序を付け、長さ2,3cmの鐘型の花を咲かせます。花冠の先は5つに裂けて広がり雌しべは花冠から突き出ません。似た「ツリガネニンジン」との違いは、葉が互生する事と花が輪生せず、一つ一つ付く事です。        (「深樹の小径」等に見られます。)

 

 

 

ハナトラノオ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ハナトラノオ(シソ科)

北米原産で、観賞用に大正時代に渡来しましたが、昆虫が良く集まる蜜源植物でもあります。高さは60~120cm、茎の上部に径2㎝程の唇弁花で花穂を作ります。花弁の内側に紅紫色の斑点があり、茎は角張っています。沢山ある“トラノオ”の中で、花が美しいので「ハナトラノオ」と呼ばれます。    (「友好姉妹都市の庭」に見られます。)

 

 

 

マーシュマロー

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

マーシュマロー(アオイ科)

和名「ウスベニタチアオイ」と呼ばれるほど、タチアオイに似た感じがします。草丈は100~200cm、葉腋に径4㎝程の淡桃色の5弁花を咲かせます。本種からとれる粘液は、喉によいらしく、古くから使われてきました。葉に軟毛が密生し、「ビロードアオイ」とも呼ばれます。    (「ハーブ園」に見られます。)