カレンダー

2017年8月
« 7月 9月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031 

カテゴリー

アーカイブ

観察日記

帆掛け船が釣り下げられたような花……「ツリフネソウ」

投稿日:2017年8月2日

ツリフネソウ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ツリフネソウ(ツリフネソウ科)

水辺に群生する、高さ30~50㎝の1年草。茎の先の方の葉腋に、大きさ3.5~4㎝の紅紫色の花を咲かせます。花弁状の3個の萼と、唇形の3個の花弁を持ち、距は長く筒状になり、最後はクルッと巻いています。名は、花の姿が帆掛け船をつりさげた様に見えるためです。    (「クリンソウの谷」「ウランウデの庭」近辺などに見られます。)

 

 

 

オトコエシ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

オトコエシ(スイカズラ科)

全体的な雰囲気はオミナエシに似ていますが、花序を作っている小花の色が白く全体に毛が多い点が異なります。対生する葉は羽状に分裂し、頂片が一番大きくなっています。花後に翼果を付けることもオミナエシと異なる点です。小花は径4mm程、花冠は5裂します。     (今は「アケビのトンネル」付近に見られます。)

 

 

 

サワヒヨドリ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

サワヒヨドリ(キク科)

日当たりの良い湿地に見られる、高さ60cm程の多年草。茎には縮れた毛が密生しているのでザラついた感じです。葉はほとんど無柄で、3全裂することが多く、6枚の葉が輪生するように見えます。茎頂に付く頭花は、筒状の白花または淡紫色です。     (「水辺の花コーナー」等に見られます。)

 

 

 

オモダカ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

オモダカ(オモダカ科)

湿地や沼に生える、高さ20~70cmの多年草。葉が変わった形で、葉身の基部が大きく2つに裂けた矢じり形をしています。茎の上部の節ごとに径1.5~2㎝の白色の3弁花を3個ずつ輪生させます。花序の先端には雄花が、下部には雌花が付く、雌雄同株・雌雄異花の植物です。     (「クリンソウの谷」に見られます。)