カレンダー

2017年7月
« 6月  
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31 

カテゴリー

アーカイブ

観察日記

草のような小低木……「ウメガサソウ」

投稿日:2017年7月1日

ウメガサソウ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ウメガサソウ(ツツジ科)

山間の林床などに生える、高さ10~15㎝の草状の小低木花は径1㎝程の白色花で、中心部はわずかに紅く、下を向いて咲きます。徐々に顔を上げ、果実の頃には上向きになります。花がウメに似て、笠のように下向きに咲く事が名の由来です。       (「花の草原」西側の林下に見られます。)

 

 

 

ナミキソウ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ナミキソウ(シソ科)

海岸の砂地などに生える、高さ10~40㎝の多年草。楕円形の葉は対生し、上部の葉腋に青紫色の唇形花を付けます。花冠は長さ2㎝程で筒部が長く、基部で急に曲がって直立します。2個の花が同じ方向を向いて咲くのが特徴で、名の由来でもあります。        (「スワンヒルの庭」に見られます。)

 

 

 

ナツツバキ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ナツツバキ(ツバキ科)

山中に生え、10m程の高さになります。なめらかな樹皮は10年目あたりから古い樹皮がはげ落ちます径5㎝程の5弁花は、白い花弁の縁が波打ち、裏には絹毛がある美しい花です。夕方にはしぼんでしまう一日花なのが残念なくらいです。      (「吉林の庭」に見られます。)

 

 

 

セイヨウオトギリ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

セイヨウオトギリ(オトギリソウ科)

草丈は20~60cmで、楕円形の葉を対生させます。オトギリソウに比べ葉は小さく、長さは2㎝程、幅は1㎝弱で、径2~3cmの黄色い5弁花を数個咲かせます。花弁の縁に小さな黒点があるのが特徴です。ヨーロッパ原産で、広く野生化しています。    (「ロックガーデン」などに見られます。)

 

 

 

キツネノボタン

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

キツネノボタン(キンポウゲ科)

湿り気のある土地に生える、草丈30~60cmの多年草。1本の葉柄に3枚の葉が付き、それぞれの小葉に切れ込みがあります。分枝した茎先に、径1~1.5cmの光沢のある黄色い5弁花を開きます。花後にはコンペイトウのような果実を付けるのが面白い特徴です。   (水路のほとりなどに見られます。)