カレンダー

2017年6月
« 5月 7月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930 

カテゴリー

アーカイブ

観察日記

黄色い小花が輪になって咲くので…「黄輪草(キリンソウ)」

投稿日:2017年6月30日

キリンソウ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

キリンソウ(ベンケイソウ科)

山地の草原、林縁などに生える、高さ20~50㎝の多年草。茎の先に多数の黄色い小花を集めて付けます。星形径1㎝弱の黄花5弁花で、披針形の花弁は先が鋭くとがります。名は黄色い小花が輪になって咲くからと言われています。   (「ロックガーデン」に見られます。)

トリアシショウマ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

トリアシショウマ(ユキノシタ科)

花茎の高さは40~100cm、葉は3回3出複葉です。花序は円錐状で、1つの側枝の長さは12~25cm、さらに分枝して少し垂れます。小花は白色で5個の萼片は小さなさじ形です。葯が黄白色なので、これが花色に見えます。茎が細い割には硬くて、まるで小鳥の足の様なので、この名になったという説があります。   (「ロックガーデン」などに見られます。)

 

 

 

クリ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

クリ(ブナ科)

この時季、山道を車で通ると、この白い花が目につきます。雌雄同株ですが、雌雄異花です。斜めに立ち上がり、穂状に付いているのが雄花で、淡黄色の小花が白っぽく広がり目立つのです。臭いがかなり強く、昆虫が集まってきます。雌花は雄花の付け根のところに5mmほどの大きさで付き、白いトゲのように見えているのは雌しべです。

     (園内のあちらこちらで見られます。)

 

 

 

クマツヅラ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

クマツヅラ(クマツヅラ科)

道端などに生え、高さ50~80cmの茎は四角形で直立します。枝先に、細長く柄のない紫色の小花を多数付けます。下から段々と咲き上がる花は、径4mmほどで、下部は筒状で先が5裂します。全草を薬用にするそうです。   (本園の駐車場周辺などに見られます。)