カレンダー

2017年6月
« 5月 7月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930 

カテゴリー

アーカイブ

観察日記

長い雄しべがフワッとした良い感じ……「シモツケ」

投稿日:2017年6月25日

シモツケ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

シモツケ(バラ科)

山地の日当たりの良い場所に生える、高さ1m程の落葉低木。細い枝に付く葉は狭卵形で鋸歯があり互生します。枝先に散房状に付く花は、花径4~6mmの5弁花、萼片も5個、雄しべも5本で、雄しべは花弁よりもかなり長く、フワッとした花姿に見えます。下野国(今の栃木県)に多く自生し、発見されたことによる和名です。   (「ツルだな」前に見られます。)

 

 

 

オニシモツケ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

オニシモツケ(バラ科)

谷沿いなどに群生する、高さ1.5m程の多年草。茎先に径7mm程の小花(花弁は4、5枚)を密集して付けます。多数ある雄しべは花弁よりずっと長く、花序には短毛が密生するのが特徴です。掌状に裂けた大きい葉の葉柄の根元近くに付く托葉が、茎を耳状に抱いて目立つのも区別点です。    (「クリンソウの谷」西側に見られます。)

 

 

 

トビシマカンゾウ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

トビシマカンゾウ(ススキノキ科)

幅広い線形の葉を付け、1~2mの茎を立て、茎先に濃い黄橙色の花を10数輪つけます。花被片は6個、花径は7㎝程です。一足先に開くニッコウキスゲを一回り大きくした感じです。美しい花ですが一日花なのが残念です。花やつぼみは食用になり、、以前は葉は藁の代用品として島民に使われたということです。   (「クリンソウの谷」南側に見られます。)

 

 

 

イボタノキ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

イボタノキ(モクセイ科)

山野の林縁に普通に見られる、高さ2~4mの落葉低木。対生する葉は長楕円形で全縁、先はまるみを帯びています(ミヤマイボタは尖る)。幹に、所々枯れた枝がトゲ状に残るのも特徴です。新枝の先に総状に付く花は、花冠7~9mmで漏斗型、先は4裂し、葯が花筒から少しつき出します。     (「マグノリア通り」に見られます。)