カレンダー

2017年6月
« 5月 7月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930 

カテゴリー

アーカイブ

観察日記

未の刻(午後2時ころ)に開花するので……「ヒツジグサ」

投稿日:2017年6月20日

ヒツジグサ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ヒツジグサ(スイレン科)

卵円形の光沢のある葉を水面に浮かべて、その数枚の葉の中心辺りに白い花を開きます。径3~4㎝の花は白色の花弁が8~15個あり、4枚の緑色の萼片と同じ長さです。和名は未(ひつじ)の刻…午後2時ころに開花する事によります。そして、夕方には閉じてしまい、また翌日の午後2時ころに開きます。     (「大平沼」に見られます。)

 

 

 

イブキトラノオ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

イブキトラノオ(タデ科)

真っ直ぐ高く立てた1mほど茎の上部に、白い小花を穂状に付けます。少しピンクがかった小花は花弁が無く、萼が深く5裂します。茎葉はほとんど葉柄が無く、少し茎を抱く感じです。細い茎の上に花穂が付いているのに、ほとんどしなりません。           (「ロックガーデン」に見られます。)

 

 

 

ノイバラ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ノイバラ(バラ科)

長さ2~5㎝程の小葉を羽状複葉に付け、径2㎝程の芳香のある白の5弁花を多数咲かせます。雄しべは多数あり、花柱は柱状に合着しています。花後、6~9mmの甘くて香りのよい偽果を付けます。    (「クリンソウの谷」「ロックガーデン」などに見られます。)

 

 

 

ナワシロイチゴ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ナワシロイチゴ(バラ科)

山野の日当たりのいい場所によく見られます。葉は三出複葉で、葉脈がくぼんで見えます。枝の先に散房状に付ける赤っぽい紫色の花、花弁が小さく目立ちません。苗代の頃に赤い実が熟すのでこの名です。実はジャムにするとおいしいそうです。     (「大平沼」周辺などに見られます。)