カレンダー

2017年6月
« 5月  
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930 

カテゴリー

アーカイブ

観察日記

優しい桃色はトキの羽根の色……「トキソウ」

投稿日:2017年6月18日

トキソウ (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

トキソウ(ラン科)

披針形の葉を1枚持ち、高さ10~30㎝になる湿地の多年草。茎頂に付く淡紅紫色の花は、長い萼片と側花弁を持ち、長い唇弁の中裂片は肉質の毛状突起が密生します。径3~4㎝の花の色を“トキの風切羽の優しい桃色”に例えての和名です。       (「水辺の花コーナー」に見られます。)

 

 

 

サイハイラン

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

サイハイラン(ラン科)

林内に生える、高さ30~50㎝の多年草。茎の上部に、少し反りを持つ細長い花の花序を作ります。花は淡緑褐色で紅紫色を帯び、下垂してあまり開きません萼片と花弁は倒披針形で長さは3~3.5cm唇弁が細長くのびて先が少しふくらみ紫色を帯びます。垂れた花序の様子が“采配”に似る事からの和名です。   (「大平沼」南東側などに見られます。)

 

 

 

ハマヒルガオ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ハマヒルガオ(ヒルガオ科)

砂浜などに生えるツル性の多年草。茎は砂の上を横たわって広がり、葉は丸くて厚くて艶があり、水分の蒸発を防いでいるようです。淡紅色の花は径4~5㎝で、浅く5つに裂けています。北海道~沖縄まで広い地域に分布しています。      (「スワンヒルの庭」に見られます。)

 

 

 

イチヤクソウ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

イチヤクソウ(ツツジ科)

北海道~九州の林内に生える、草丈20cm程の多年草。葉は広楕円形で、茎の上部に数個の白花をうつむき加減に付けます。花冠は径1.3cm程で、5深裂します。長い雌しべが湾曲するのが特徴的です。よく似たマルバノイチヤクソウは葉が丸く、茎が赤味を帯びるので見分けがつきます。      (「ロックガーデン」などに見られます。)

 

 

 

シャクヤク

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

シャクヤク(ボタン科)

ボタンとそっくりですが、枝分かれせず、艶のある小葉に切れ込みはなく、何よりも草本であることが相違点です。草丈は60cm程で、花の大きさや色、咲き方は多様です。漢方薬の中でも極めて重要視される植物です。    (「薬草コーナー」「吉林の庭」で見られます。)