カレンダー

2017年6月
« 5月  
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930 

カテゴリー

アーカイブ

観察日記

睡(ねむ)る蓮なので…「睡蓮(スイレン)」

投稿日:2017年6月5日

スイレン

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スイレン(スイレン科)

ハスは葉や花が水面から立ち上がりますが、本種は葉も花も水面に浮いています。円形の葉は一か所が深く切れ込み、根茎から伸びる花柄の先に、径5~10cmの花を付けます。花弁と雄しべが多数あり、花は朝咲いて夕方には閉じるを3回ほど繰り返し、4日目にはしぼんでしまいます。“夜、睡る蓮”の意味で睡蓮(すいれん)です。     (「ひょうたん池」に多く見られます。)

 

 

 

ミヤコワスレ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ミヤコワスレ(キク科)

花径3~4cmの青紫色の花は、キク科には珍しく春に咲きます。草丈は20~30cm、周囲には舌状花が一列に並び、中央には多数の筒状花があります。名は“余りの花の美しさに、都恋しささえ忘れる”という話からのようです。    (「ロックガーデン」などに見られます。)

 

 

 

シライトソウ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

シライトソウ(シュロソウ科)

ロゼット状の長楕円形の葉の中心から30cm前後の茎を立て、上部に長さ5~10cmの白花の総状花序を出します。ブラシの様な花は6枚の花被片と雄しべ、雌しべを持ちますが、4枚の花弁以外は小さいので、細長い花弁が茎から直接立っているように見えます。    (「ひょうたん池」西側や「ロックガーデン」に見られます。)

 

 

 

マルバシモツケ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

マルバシモツケ(バラ科)

山地の岩礫地などに生育する高さ50cm程の低木。「丸い葉を持つシモツケ」の意味で名付けられました。葉の先は丸く“小判型”に見えます。花序を作っているのは花径5~8mmの白色5弁花で、雄しべが7~10mmと長く、フワッとした花姿に見えます。    (「ロックガーデン」に見られます。)

 

 

 

スモークツリー

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スモークツリー(ウルシ科)

南欧~中国に分布する、高さ4~5mになる雌雄異株の樹木。今は3mm程の小さな淡緑色の花を、穂状にたくさん咲かせています。花後、不稔花の花柄の部分が長く伸びて羽毛のようになり、見た目がモフモフになるので“煙の木”と名付けられました。   (「スワンヒルの庭」に見られます。)

 

 

 

チャイブ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

チャイブ(ユリ科)

アサツキに似ていますが、葉をさらに細かくしたような小形のネギです。草丈は30㎝程で、茎先に、径1.5~2㎝のボール状の花序を付けます。ごく小さな6弁花が無数に集まって花序となっているのです。地下茎は、ラッキョウにそっくりです。    (「ハーブ園」に植栽してあります。)