カレンダー

2017年5月
« 4月 6月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031 

カテゴリー

アーカイブ

観察日記

白い霞がかかったように見える…「カスミザクラ」

投稿日:2017年5月6日

カスミザクラ ※お詫び※

  5/6付のブログで、「カスミザクラ」の写真を載せるべきところを、誤って「ヤマザクラ」の写真を載せてしまいました。この写真が「カスミザクラ」ですので、どうぞごご理解の上、ご容赦ください。  (アイキャッチ写真も交換しました。)

 

 

 

 

 

 

 

 

スミザクラ(バラ科)

葉の展開と同時に、サクラとしては割と遅めに開花します。花色は白っぽく、ヤマザクラに似ていますが、花柄には毛があるので区別できます。「ケヤマザクラ」と呼ぶ場合もあります。枝ぶりが密で、開花後には「山に霞がかかったように見えるのでカスミザクラ」という説もあるようです。     (園の入り口など、様々な場所に見られます。)

 

 

 

ヒトリシズカ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ヒトリシズカ(センリョウ科)

艶のある4枚の葉を輪生状(実は対生)に付け、中央から1本の花序(花穂)を出し、ブラシ状の小さな白い花を付けます(花穂の長さは2~3cm)。名は、可憐に咲く花の様子を静御前になぞらえたものですが、1本で生えるのは稀で、普通は群生します。近縁種に、花穂を2本以上出す「フタリシズカ」があります。日本~中国などの森林の湿地を好んで生育します。草丈は10~30cm。   (「ひょうたん池西側」などに見られます。)

 

 

 

オキナグサ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

オキナグサ(キンポウゲ科)

葉が白い軟毛で覆われ、暗紫色の花をうつむき加減に咲かせます。花弁状の萼片の外側にも白い毛が密生して白っぽく見えますが、内側は暗紫紅色です。花が終わると雌しべが羽毛状に伸び、老人の白髪のようになるので“翁草”です。近年は、絶滅危惧種になっています。 草丈10~40cm、花の長さ2~2.5cm。   (近い所では、「薬草コーナー」に見られます。)

 

 

 

モミジイチゴ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

モミジイチゴ(バラ科)

白い5弁の花は可憐ですが、茎や葉柄、葉脈にも棘があり、うっかり触るとひっかき傷のようになり大変です。葉がモミジの葉に似て、花後に木イチゴの様な黄色い果実を付けるので“モミジイチゴ”です。花は咲くとすぐに散ってしまうようです。   (「ひょうたん池」西側などに見られます。)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

大きな葉と花のスミレ…「スミレサイシン」

投稿日:2017年5月5日

  スミレサイシン

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スミレサイシン(スミレ科)

日本のスミレの仲間では最も大きな葉を付けるものの一つです。主に林下に見られ、花も直径2.5cm程と、スミレの中では大きな方です。花色は紫~淡紫白色、古くて大きな株は多数の花を付けるので、ちょっとしたブーケの様でもあります。   (「東トイレ」へ向かうスギ林の林下に見られます。)

 

 

 

タチツボスミレ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

タチツボスミレ(スミレ科)

こちらは大きくはありませんが、スミレの中でも最も普通に見られるスミレです。林の縁や里山の土手など、様々な環境に生育します。地上茎があり、茎の途中から葉柄や花柄を立てます。花の後部には、花色と同じ色の距があります。   (「アケビのトンネル」付近などに見られます。)

 

 

 

キバナイカリソウ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

キバナイカリソウ(メギ科)

花の形が独特で、「イカリソウ」の名が付いていることに納得します。4枚の花弁から伸びた長い距が四方に突き出し、さらに前の方に曲がって、まるで船の錨(イカリ)のようです。漢方では、強壮剤として、とても有名です。本種は日本海側の山地に生え、淡紅紫色の「イカリソウ」は太平洋側に生育する種です。    (「ロックガーデン」や「スワンヒルの庭」の北側に見られます。)

 

 

 

ヤマザクラ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ヤマザクラ(バラ科)

花弁は5枚で、色は一般に白~淡紅白色ですが、淡紅紫色や花弁の先の方が色の濃いものなど、変異が大きいようです。花柄などに毛が無いのが特徴で、ソメイヨシノを対象とした花見が普及するまでは、本種の“お花見”をしていたという事です。    (「マグノリア通り」などに見られます。)

 

✿✿サクラの開花状況✿✿ 5/5現在

 ○オオヤマザクラ、エドヒガン、ソメイヨシノ…満開~散り始め  ○シダレザクラ、ベニシダレ、ヤエベニシダレ、センダイシダレ…満開   ○カスミザクラ…3分~満開   ○世界に1つだけのサクラ「ミヤマカスミザクラ」…蕾がほころびかけています。あと少しで開花です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

日本特産一属一種の花…「シラネアオイ」

投稿日:2017年5月3日

シラネアオイ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

シラネアオイ(キンポウゲ科)

主に東北地方の日本海側、多雪地の山地に生える多年草です。淡紫色の花は、花弁状の萼片が4枚付いています。中央部には多数の黄色い雄しべと2つの雌しべがあり、綺麗です。本園には、“白い花”のシラネアオイも咲きます。   (「ひょうたん池」西側やスギ゛林の林床に見られます。)

 

 

 

オオカメノキ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

オオカメノキ(レンプクソウ科)

白いガクアジサイの様な花が上を向いて咲いています。周囲の大きな花は装飾花で、雄しべや雌しべが退化しています。中央には、小さな両性花が多数集まって咲きます。和名は、葉が大きな亀の甲羅に似ているからで、別名「ムシカリ」は、“虫喰われ”から付いたという説があります。      (「友好姉妹都市の庭」などに見られます。)

 

 

 

オオバキスミレ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

オオバキスミレ(スミレ科)

日本海側の多雪地に多い、雪国を代表するスミレです。黄色い花は径2cm程で、唇弁と側弁に紫色の筋が入り、距は極端に短くなっています。大きさ5~10cmのハート形の葉は、先がかなり尖るのが特徴です。    (「水辺の花」ゾーン、「深樹の小径」などに見られます。)

 

 

 

5.01 アズマシャクナゲアズマシャクナゲ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アズマシャクナゲ(ツツジ科)

主に東北・関東に分布するのでこの名です。枝の先に数個集まって咲く花は淡紅色の漏斗型で広く開き、先は5裂します。常緑の葉の裏面には灰褐色の真綿状の軟毛があり、山形など東北地方では「ウラジロ(シャクナゲ)」と呼ばれます。本園には他に花が白い「シロバナアヅマシャクナゲ」(右写真)も一緒に咲いています。    (「野草の丘」東側に見られます。)

 

✿✿サクラの開花状況 5/3現在✿✿

 ○オオヤマザクラ、ソメイヨシノ…満開~散り始め。 ○ヤマザクラ…3分咲き。  ○ジュウガツザクラ…八重咲きで満開。

 ○世界で1本のミヤマカスミザクラ…あと数日で咲く予想。      ○カスミザクラ、ミヤマザクラはつぼみの状態です。