カレンダー

2017年5月
« 4月 6月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031 

カテゴリー

アーカイブ

観察日記

花は大きく、香りも強烈…「ホオノキ」

投稿日:2017年5月22日

ホオノキ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ホオノキ(モクレン科)

高さが10~30mにもなる落葉高木なので、なかなか花を正面から見る事ができません。葉は長さ20~40cmにもなり花径は20cm程と、野草園でも1,2を争う大きさの花です。花弁の数は6~9枚で、初めは白色ですが、徐々に黄色味を帯びてきます。花の大きさにも驚きますが、強烈な甘い香りにもびっくりする事と思います。     (「クリンソウの谷」などに見られます。)

 

 

 

シロヤマブキ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

シロヤマブキ(バラ科)

長野県や中国地方など、限られた地域の山中に生える一属一種の落葉低木です。全体の雰囲気はヤマブキに似ていますが、花が白色である事、花弁が4枚である事、葉が対生である事など、黄色に咲く「ヤマブキ」とは明確に異なる種の特徴を示します。 

(「マグノリア通り」などに見られます。)

 

 

 

シャガ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

シャガ(アヤメ科)

斜めに向かって伸ばした細い葉の間から、少し分枝した茎を出し、その先に径5㎝程の一日花を次々に咲かせます。花は淡い紫色、表面にはオレンジ色の突起物があり、それを囲むように青紫色の斑点が入ります。      (「マグノリア通り」などに見られます。)

 

 

 

ヒメシャガ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ヒメシャガ(アヤメ科)

前述のシャガよりも高さは30㎝以下花茎は4㎝程全体的に小さく、花色は濃い目の紫色です。外花被片の中央は白色で、紫色の脈と黄色の斑紋があり、とさか状の突起があります。野性的と言われるほど強く、ランナーで横に増えていき、どんどん広がっていきます。       (「ロックガーデン」に多く見られます。)

 

 

 

アマドコロ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アマドコロ(キジカクシ科)

山地の草地に生える、高さ30~60cmの多年草。ナルコユリとよく似ていますが、茎には6本の稜があり、触ると角ばった感じがします。若い芽は、山菜として人気があります。     (「マグノリア通り」などに見られます。)

 

 

 

オダマキ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

オダマキ(キンポウゲ科)

草丈は20~30cmで、径4㎝程の花を付けます。花の外側の花弁の様な部分は萼片で、内側にあって筒状になっているのが花弁です。花弁の基部からは角状の“距”が伸び、がくの間から突き出しています。      (「友好姉妹都市の庭」の北側に多く見られます。)

 

 

 

キレンゲツツジ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

キレンゲツツジ(ツツジ科)

レンゲツツジで、黄色や橙黄色の花を咲かせる種を特に“キレンゲツツジ”と言います。花は茎の上部に集まって付き、葉の展開と同時に開花します。花径は5~6㎝と大き目の漏斗型です。     (「友好姉妹都市の庭」のバラのアーチ付近に見られます。)

 

 

 

 

 

 

紅い蕾なのに花は真っ白…「ズミ」

投稿日:2017年5月21日

ズミ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ズミ(バラ科)

リンゴの台木として利用されることが知られています。白花を咲かせるのに、蕾はかなり赤味の強い色を見せてくれることも特徴の一つです。花径は2~3cmで、果実は6~10mmの赤い球果になります。とても酸っぱいので“酢実”から「ズミ」になったという説があります。    (「マグノリア通り」などに見られます。)

 

 

ミヤマガマズミ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ミヤマガマズミ(レンプクソウ科)

高さは2~5mで、広倒卵形の葉は近似種の「ガマズミ」に比べて葉脈の凹凸がはっきりし、毛もほとんど無い感じがします。枝先に径6~10cmの散房花序を出し、白い小花をたくさん付けます。花冠は径5~8mm。果実は長さ3~5mmの卵形の赤い核果で、これも酸っぱいので名に“ズミ”が付きます。        (園内のあちこちに見られます。)

 

 

 

レンゲツツジ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

レンゲツツジ(ツツジ科)

ヤマツツジに少し遅れて咲き出します。樹高はあまり高くならず、1~2m。朱色の漏斗状の花は直径5cm程と大きめです。蕾の様子が蓮華に見える事から名づけられたということです。花には蜜がありますが、動物にも害があるほど有毒です。      (「ツツジの丘」などに見られます。)

 

 

マイヅルソウ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

マイヅルソウ(キジカクシ科)

山地帯の林下などによく見られます。2枚のハート形の葉を横に広げ、高さ10~20cmの茎を立ち上げて、茎頂に白い小花を付けている様は、名の通り“空を舞う鶴”を連想させます。果実は初め淡褐色ですが、のちに赤く熟します。    (「マグノリア通り」などに見られます。)

 

 

 

サラサドウダン

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

サラサドウダン(ツツジ科)

樹高は2~4m。毛の多い葉は1~2cmで倒卵形です。枝先の総状花序には、長さ1cm程の鐘型の花が10個ほど付きます。先端が浅く5裂し、淡紅白色で紅色の筋があり、“更紗”のような模様に見えるので、この名です。     (「マグノリア通り」「ツツジの丘」に見られます。)

 

 

 

ルイヨウショウマ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ルイヨウショウマ(キンポウゲ科)

山地の林下等に自生する、高さ40~70cmの多年草。茎頂に白色の小花を総状花序に付けます。葉がサラシナショウマの葉に似る事から“類葉”“升麻”の名が付いたようです。      (「大平沼」南東側に見られます。)

 

 

 

良い香りのするブラシの様な花…「ウワミズザクラ」

投稿日:2017年5月19日

ウワミズザクラ 遠ウワミズザクラ 近

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ウワミズザクラ(バラ科)

花序(花の付き方)を見るとサクラの仲間とは思えませんが、目を凝らして花1つ1つを見ると確かにサクラです。新枝の先に白花を密集して付け、長さ6~8㎝のブラシ状の花序を作ります。径6mm程の五弁花長い雄しべが目立ちます。特に蕾や種に甘い良い香りがあり、“杏仁香”と呼んで食用にするところもあるそうです。     (「ひょうたん池」西側などに見られます。)

 

 

 

サルメンエビネ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

サルメンエビネ(ラン科)

エビネの仲間では最も北まで生え、北海道にもあるそうです。数枚束生した葉の中心から40cm程の茎を立ち上げ、径2㎝程の黄赤褐色の唇弁花を10数個つけます。唇弁が赤みを帯び、シワが寄っているのをサルの顔に見立てての和名です。   (「大平沼」南東側に見られます。)

 

 

 

ナナカマド

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ナナカマド(バラ科)

山形市民には“市の木”として知られています。奇数羽状複葉の葉は、秋には鮮やかに紅葉し、赤い球果とともに目を楽しませてくれます。花は写真のように径1㎝程の真っ白い花を多数集めて付けます。「7回カマドに入れても灰にならないほど硬い。」など、名前の由来は諸説あります。     (「ナナカマドの森」に見られます。)

 

 

 

キタマムシグサ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

キタマムシグサ(サトイモ科)

山地の林床などに普通に見られる、高さ30~80cmの多年草。従来「コウライテンナンショウ」と呼ばれていた植物です。本種は、仏炎苞がかなりヘルメット状に膨らみ白条が広がって半透明になるという形質を持っています。   (「大平沼」南東側に見られます。)

 

 

 

アオダモ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アオダモ(モクセイ科)

遠くから見ると、白くフワッとした花が目立ちます。別名「コバノトネリコ」と呼ばれる落葉高木で、高さは10mほどになります。“バットの木”として知られ、木材は堅く粘りがあるだけでなく、“青墨”を作るための着色剤として使えるほど青い色素を持っています。   (「大平沼」北側などに見られます。)

 

 

 

エゾノタカネヤナギ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

エゾノタカネヤナギ(ヤナギ科)

北海道の高山地帯に自生する匍匐性の小低木。高さは20㎝程度で地面を這うように伸びます。葉はやや革質で軟毛があり、長さ3~4cmの花穂を立てます。“地面に咲くネコヤナギ”のようです。       (「ロックガーデン」の頂上付近に見られます。)