カレンダー

2017年5月
« 4月 6月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031 

カテゴリー

アーカイブ

観察日記

大きな葉と花のスミレ…「スミレサイシン」

投稿日:2017年5月5日

  スミレサイシン

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スミレサイシン(スミレ科)

日本のスミレの仲間では最も大きな葉を付けるものの一つです。主に林下に見られ、花も直径2.5cm程と、スミレの中では大きな方です。花色は紫~淡紫白色、古くて大きな株は多数の花を付けるので、ちょっとしたブーケの様でもあります。   (「東トイレ」へ向かうスギ林の林下に見られます。)

 

 

 

タチツボスミレ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

タチツボスミレ(スミレ科)

こちらは大きくはありませんが、スミレの中でも最も普通に見られるスミレです。林の縁や里山の土手など、様々な環境に生育します。地上茎があり、茎の途中から葉柄や花柄を立てます。花の後部には、花色と同じ色の距があります。   (「アケビのトンネル」付近などに見られます。)

 

 

 

キバナイカリソウ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

キバナイカリソウ(メギ科)

花の形が独特で、「イカリソウ」の名が付いていることに納得します。4枚の花弁から伸びた長い距が四方に突き出し、さらに前の方に曲がって、まるで船の錨(イカリ)のようです。漢方では、強壮剤として、とても有名です。本種は日本海側の山地に生え、淡紅紫色の「イカリソウ」は太平洋側に生育する種です。    (「ロックガーデン」や「スワンヒルの庭」の北側に見られます。)

 

 

 

ヤマザクラ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ヤマザクラ(バラ科)

花弁は5枚で、色は一般に白~淡紅白色ですが、淡紅紫色や花弁の先の方が色の濃いものなど、変異が大きいようです。花柄などに毛が無いのが特徴で、ソメイヨシノを対象とした花見が普及するまでは、本種の“お花見”をしていたという事です。    (「マグノリア通り」などに見られます。)

 

✿✿サクラの開花状況✿✿ 5/5現在

 ○オオヤマザクラ、エドヒガン、ソメイヨシノ…満開~散り始め  ○シダレザクラ、ベニシダレ、ヤエベニシダレ、センダイシダレ…満開   ○カスミザクラ…3分~満開   ○世界に1つだけのサクラ「ミヤマカスミザクラ」…蕾がほころびかけています。あと少しで開花です。