カレンダー

2017年4月
« 3月 5月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

カテゴリー

アーカイブ

観察日記

園では早目に咲く花、第二弾…「オクチョウジザクラ」

投稿日:2017年4月26日

4.20 オクチョウジザクラ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

オクチョウジザクラ(バラ科)

太平洋側では「チョウジザクラ」が咲き、本種は日本海側に分布します。少しふくらみのある花の萼筒が長く、横から見ると、平らに開いた花弁と萼筒が“丁”字形になるのでこの名です。花色は初めは白っぽく、のちに赤っぽくなります。園内では、ジュウガツザクラに次いで早く咲きます。    (「友好姉妹都市の庭」などに見られます。)

 

 

イワナシ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

イワナシ(ツツジ科)

山地の岩場などの地面に這うように生える常緑の小低木です。やや革質の葉の間から、長さ1.5cm程の筒状鐘形の花を数個集めて咲かせます。花筒の先は浅く五裂し、縁は薄く紅を塗ったようで可愛い花です。花後にできる径8mm程の球果は、名の通りナシの様に甘みがあり、食べられます。   (「ロックガーデン」に見られます。)

 

 

キバナノアマナ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

キバナノアマナ(ユリ科)
湿気のある地面から、長さ15~20cmの流線型の葉を出し、伸ばした茎の先端に、3~5個の小花を付けます。花径は2.5cm程、6個の花被片は表面は淡黄色ですが、裏側は緑色を帯びていて、ちょっと不思議な感じのする花です。      (「友好姉妹都市の庭」の大きなハルニレの木の根もとあたりに見られます。)

 

 

4.23 ミヤマカタバミ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ミヤマカタバミ(カタバミ科)

普通に見られるカタバミは黄色い花を付けますが、本種は白い花を付けます。一つの花弁の長さは1~1.5cmで5個あり、花柄の長さは7㎝程です。葉は角ばったハート形の3葉から成り、寒さや暗さで花や葉をたたむ性質があるので、葉の一方が喰われたように見え、それが“方喰み”の名の由来になったようです。    (「ひょうたん池」西側に見られます。)