カレンダー

2017年4月
« 3月 5月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

カテゴリー

アーカイブ

観察日記

野草園の大通りに咲く花…「キタコブシ」

投稿日:2017年4月23日

4.12 キタコブシ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

キタコブシ(モクレン科)

長い軟毛に覆われた花芽が割れて、白い花が咲いています。ハクモクレンと似ていますが、花の咲く向きが上向きと決まっていない点、花弁が6枚の点(ハクモクレンは3枚の萼を加えて9枚に見える)などが簡便な見分け方です。花の付け根に小形の葉が1枚付く点も特徴です。香水の材料にも使われると言われるほど、上品な甘い香りがします。   (「マグノリア通り」「中央広場」等で見られます。)

 

 

0239 カツラ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カツラ(カツラ科)

日本特産の雌雄異株の樹木で、葉が伸展する前に、花弁も萼もない1.5cm程の花を開きます。雄花には淡紅色の葯を持つ雄しべが多数あり、遠目でも紅く目立ちます(写真が雄花です)。雌花には、3~5個の雄しべがあります。花弁も萼もない花には他にヤマグルマ等があり、どれも古い種と言われています。葉は抹香に使われるほど香りのよい木です。    (「東トイレ」付近、「野草の丘」のふもとなどに見られます。)

 

 

4.15 オオイワウチワ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

オオイワウチワ(イワウメ科)

の長さは2.5~7cmと大きく花茎も3cmと大きいので“大岩団扇(おおいわうちわ)”の名です。高さ5~10cm程立ち上げた茎の先に、一輪の薄紅色の花を付けます。イワウチワと同様に、花弁は5つに裂け、さらに先端は細かく裂けてフリル状になって綺麗です。和名は、葉が団扇に似た形によります。   (「ロックガーデン」に見られます。)

 

 

 

4.18 ミチノクフクジュソウ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ミチノクフクジュソウ(キンポウゲ科)

フクジュソウと比べると、開花が2週間ぐらい遅れる点、茎が枝分かれをして茎が中空である点など、別の種類であることが分かります。花の一番外側にあって茶色を帯びているのが萼片ですが、内側の本当の花弁より明らかに短い点も特徴です。    (「アケビのトンネル」の斜面の少し上部付近に見られます。)