カレンダー

2016年8月
« 7月 9月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031 

カテゴリー

アーカイブ

観察日記

『秋の七草』に詠まれるハギ…「ヤマハギ」

投稿日:2016年8月25日

9.08 ヤマハギ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ヤマハギ(マメ科)

山野に生える、高さ2m程の落葉低木。葉は細長い葉柄を持った3出複葉で、小葉は広楕円形で先はほぼ円形です。花は紅紫色の蝶形花で、翼弁の色は濃く、ほぼ竜骨弁と同長、竜骨弁は多少内側に曲がります。花柄が長く葉の間から花穂が突き出しているのが特徴です。山上憶良が詠んだ『秋の七草』に出てくる萩は、このヤマハギと言われます。     (「七草の庭」などに見られます。)

 

 

 

8.04 サルスベリ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

サルスベリ(ミソハギ科)

中国原産の花木で、高さは2~3mになります。今年枝の先端に、花びらの縁が強く縮れた6弁花を咲かせます。色は白・ピンク・紅紫色と多彩で、花期が長いので『百日紅』の別名もあります。樹皮がはがれおちサルも滑るほどツルツルすることからの名です。     (「吉林の庭」などに見られます。)

 

 

 

8.08 オグルマ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

オグルマ(キク科)

高さ60㎝程の茎は枝分かれが少なく直立し、葉は広披針形で、基部は茎を抱きます。鮮黄色の頭花は径3~4㎝で、整った舌状花が並び、“御車”の名にふさわしい花の姿です。花柄には、上向きの長い白毛が密生します。   (「クリンソウの谷」に見られます。)

 

 

 

9.15 カメバヒキオコシ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カメバヒキオコシ(シソ科)

対生する広卵形の葉は、先端が3裂して真ん中の裂片が長く、この様子が亀の尻尾のよう見える事から“亀葉”と名が付きました。“ヒキオコシ”は、葉の苦みが人の命を引き起こすほどである事によります。葉腋や茎の上部に付く花は、長さ1~1.5cmの筒状唇形花です。     (「薬草コーナー」向かい側に見られます。)