カレンダー

2016年8月
« 7月 9月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031 

カテゴリー

アーカイブ

観察日記

ほのかに良い香りのする秋の七草…「フジバカマ」

投稿日:2016年8月13日

0812フジバカマ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

フジバカマ(キク科)

中国からの帰化植物と言われ、秋の七草の一つ。草丈は1~1.5mで、対生する葉は葉柄が短く、3つに深裂するのが普通です。淡紅紫色の頭花は5個の小花から成り、筒状の小花は花柱が長く、先は2つに分かれ、それが糸状に見えます。乾くと良い香りがします。   (「七草の庭」に多く見られます。)

 

 

 

8.04 オクモミジハグマ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

オクモミジハグマ(キク科)

山地の林下に生える、高さ40~80cmの多年草。茎の途中にやや輪生状に葉が付き、中心から伸ばした花茎に、白色の頭花をまばらに付けます。頭花は3個の筒状花から成り、花冠はそれぞれ細く糸状に5裂し、後ろに少し反り返ります。    (「ひょうたん池」西側などに見られます。)

 

 

 

8.29 ワレモコウ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ワレモコウ(バラ科)

山野に普通に生える、高さ1m前後の多年草で、縁が波型の奇数羽状複葉が目立ちます。茎の上部に暗紫色の楕円球の花序を作り、上から下へと小花を開花します。小花は花弁が無く、4枚の萼片が花弁のように見えます。4個の雄しべの葯も暗紫色です。   (「花の草原」に植栽しています。)

 

 

 

8.08 オオミゾソバ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

オオミゾソバ(タデ科)

水辺に生える、高さ50~90cmの1年草。茎の上部は直立し、下向きのトゲがあります。ほこ形の葉は有柄で互生し、葉柄には明らかな翼が見られるのが特徴です。花は径5mm程で、花被片は5個ありますが、これは萼が変わったものです。      (あちらこちらの水辺に見られます。)