カレンダー

2016年8月
« 7月 9月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031 

カテゴリー

アーカイブ

観察日記

葉の基部の“ムカゴ”が特徴…「オニユリ」

投稿日:2016年8月6日

0815オニユリ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

オニユリ(ユリ科)

人里近くに自生する、高さ1~2mの多年草。茎の上部に直径10~12㎝の朱色花を数個つけ、横や下を向いて咲かせます。花被片には暗紫色の斑点があり、強く反り返ります。葉には柄が無く、基部に黒紫色のムカゴを付けるのが特徴です。名は花色を鬼の顔色に例えたものと言われます。     (「ロックガーデン」などに見られます。)

 

 

 

0815イワショウブ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

イワショウブ(チシマゼキショウ科)←ユリ科

亜高山地の湿原に生える、高さ30~40cmの多年草。根生葉は線形で、茎頂に白色~淡紅色の花を総状に付けます。花径は7mm程の6弁花で、茎には腺毛が密生し粘り気があるので、触れた虫は逃げられません。そこから、別名「ムシトリゼキショウ」    (「ロックガーデン」に見られます。)

 

 

 

8.19 ヤナギタンポポ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ヤナギタンポポ(キク科)

山地のやや湿った所に生える、高さ30~140cmの多年草。葉は互生し葉柄は無く、披針形でヤナギの葉と似ています。分枝した茎先に径3~4㎝の舌状花だけの黄花を開きます。名は葉がヤナギに、花がタンポポに似るからです。

 

 

 

8.04 ゲンノショウコ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ゲンノショウコ(フウロソウ科)

山野の草地などに自生する、高さ30~40㎝の多年草。下痢止めの薬として良く知られ、煎じて飲めばたちまち効用を実感することから“現之証拠”と名が付きました。花は花弁が5枚に分かれ、濃紫色の条紋が入るのが特徴です。    (園入り口の草むらなど、あちこちで見られます。)

 

 

 

8.22ボタンヅル

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ボタンヅル(キンポウゲ科)

日当たりの良い山地に生えるツル性の半低木で、2~4mに伸びます。葉はボタンの葉に似ており、名の由来になっています。茎先や葉腋に咲く花は径1.5~2㎝で、花弁状の萼が4個あり、十字形に開きます。花後に花柱が羽毛状に伸びて残ります。    (「藤棚」付近に見られます。)