カレンダー

2016年8月
« 7月 9月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031 

カテゴリー

アーカイブ

観察日記

葉はフキに似ている…「オタカラコウ」

投稿日:2016年8月4日

0808オタカラコウ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

オタカラコウ(キク科)

根出葉がフキに似て、高さ1~2mの茎を立てて、上部に黄色の頭花を総状に付けます。6/28に紹介した「メタカラコウ」とそっくりですが、頭花の舌状花が3個程度ではなく8個程度と多く付き、葉の基部が尖らず、全体に大ぶりなことから区別がつきます。    (「ひょうたん池」南側に見られます。)

 

 

 

8.04 ヤマジノホトトギス

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ヤマジノホトトギス(ユリ科)

日本固有種で、林下に生育する、高さ30~80cmの多年草。茎先や葉腋に毛の生えた花柄を出し、白くて紫色の斑点のある花を1~2輪つけます。6枚の花被片が水平に開く事と、花柱に斑点が無いことが区別点です。   (野草園の入口付近に見られます。)

 

 

 

0824カリガネソウ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カリガネソウ(シソ科)←クマツヅラ科

山地に生える、高さ80㎝程の多年草で、全体に強い臭気があるので、近くに行っただけでその存在が分かります。茎の上部の葉腋から長い柄を出し、1㎝程の紫色の花をまばらに付けます。唇形の花は、雄しべと雌しべが長く湾曲して外へ突き出します。   (「ひょうたん池」西側や「七草の庭」に見られます。)

 

 

 

8,04 ゴマナ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ゴマナ(キク科)

日当たりの良い山地に見られる、高さ1~1.5mの多年草。茎と葉には細毛があってザラつきます。茎の先に径1.5cm程の小形の頭花をたくさん付けますが、舌状花は白色で、筒状花は黄色です。名は葉脈が深くゴマの葉形に似ているからと思われます。   (園内の道端などに見られます。)