カレンダー

2016年7月
« 6月 8月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

カテゴリー

アーカイブ

観察日記

うす暗い林下で目立ちます…「フシグロセンノウ」

投稿日:2016年7月27日

7.30 フシグロセンノウ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

フシグロセンノウ(ナデシコ科)

林下にくっきりしたオレンジ色の五弁花を平らに開くので、良く目立ちます。草丈は50~100cm、花径は5~6㎝です。茎の節の部分が黒っぽい色になっているのでこの名です。葯が紫色で、花弁のオレンジ色と対照的でとてもきれいです。    (「ハーブ園」脇の林の中などに見られます。)

 

 

 

7.30 ツリフネソウ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ツリフネソウ(ツリフネソウ科)

水辺に群生する、高さ30~50㎝の一年草。葉は菱型で基部はくさび形です。茎先に数個の花をつりさげます。花の長さは3.5~4㎝、紅紫色で、が後ろに著しく突き出て渦巻き状に巻きます。果実は熟すと果皮が裂けてパチッと種子を飛ばします。    (「クリンソウの谷」の南側などに見られます。)

 

 

 

0726 シデシャジン②

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

シデシャジン(キキョウ科)

山地に生える、高さ50~100cmの多年草。茎は上部で枝分かれし、細い裂片から成る、径2㎝程の花をまばらに付けます。花冠は基部から5深裂し、線形となって反り返り、離弁のように見えます。名は線状の裂片を、神前に付けるシデに見立てたものです。     (「東トイレ」付近の杉林の中に見られます。)

 

 

 

0726 オモダカ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

オモダカ(オモダカ科)

沼地や湿地に生える、高さ20~70cmの多年草。葉身の基部が2つに裂けた細い矢じり形の葉が一風変わっています。雌雄同株で雌雄異花、雄花が茎の上部に付きます。よく似たアギナシは、葉の付け根にムカゴができるので区別できます。  (「クリンソウの谷」に見られます。)